「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場

2017.05.19 自動車ニュース
「ジープ・レネゲード トレイルホーク ビーツエディション」
「ジープ・レネゲード トレイルホーク ビーツエディション」

FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。

 
「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場の画像
 
「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場の画像
 
「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場の画像

今回のトレイルホーク ビーツエディションは、オーディオブランドのBeats by Dr.Dreとのコラボレーションにより誕生したモデル。

サブウーハーを含む合計9基のスピーカーを、インパネ、フロントドア、リアドアおよびカーゴエリアに配置することで、計506W、8チャンネルのパワーアンプによる臨場感あふれるサウンドを楽しめるという。

ボディーカラーは、コロラドレッド(限定50台)、オマハオレンジ(同65台)、ジェットセットブルーメタリック(同50台)、ソーラーイエロー(同35台)の4色が設定される。このうちオマハオレンジとジェットセットブルーメタリックについては、ベースモデルの「トレイルホーク」には設定のない、ビーツエディション専用カラーとなる。

さらに購入特典として、Bluetoothワイヤレススピーカー「Beats Pill+(ビーツピルプラス)」がプレゼントされる。これらの装備や特典が付帯しながらベースモデルから据え置きの、345万6000円の価格もセリングポイントとなっている。

ビーツエディションは、5月20、21日に横浜赤レンガ地区の特設会場で開催される音楽イベント、グリーンルームフェスティバル2017の会場にて先行展示される予定。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • 「ジープ・ラングラー」に特別仕様車「JK」が登場 2017.6.30 自動車ニュース 「ジープ・ラングラー」に特別なデザインの限定モデル「JK」が登場。車名の「JK」は、3代目となる現行型ラングラーのコードネームにあやかったもので、ボディーカラーには「チーフ」(ブルー)と「ゴビ」(カーキ)の2色が用意されている。
ホームへ戻る