日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手

2017.05.22 自動車ニュース
「スカイラインGTS-R ETC出場車」
「スカイラインGTS-R ETC出場車」

日産名車再生クラブは2017年5月20日、神奈川県厚木市の日産テクニカルセンターで「2017年度 再生クラブキックオフ式」を開催し、2017年度のレストア車として選んだ「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。

エンジンは専用チューニングが施された2リッター直6 DOHCの「R20DET-R」。400ps/7200rpmの最高出力と412Nm/6000rpmの最大トルクを発生した。
エンジンは専用チューニングが施された2リッター直6 DOHCの「R20DET-R」。400ps/7200rpmの最高出力と412Nm/6000rpmの最大トルクを発生した。
ものものしいロールケージが張り巡らされたインテリア。軽量化のため、内装は剥取られている。
ものものしいロールケージが張り巡らされたインテリア。軽量化のため、内装は剥取られている。
フロントフェンダーに描かれたアラン・グレイスとウィン・パーシーの名。これにアンデルス・オロフソンを加えた3人のドライバーで、スパ・フランコルシャンを戦った。
フロントフェンダーに描かれたアラン・グレイスとウィン・パーシーの名。これにアンデルス・オロフソンを加えた3人のドライバーで、スパ・フランコルシャンを戦った。
「スカイラインGTS-R ETC出場車」のリアビュー。
「スカイラインGTS-R ETC出場車」のリアビュー。
日産名車再生クラブの木賀新一代表。
日産名車再生クラブの木賀新一代表。
現役当時の「スカイラインGTS-R ETC」に触れたことがあるという、日産OBの日置和夫氏。
現役当時の「スカイラインGTS-R ETC」に触れたことがあるという、日産OBの日置和夫氏。
「スカイラインGTS-R ETC出場車」のレストア作業は11月上旬に完了する予定。一般向けのお披露目は、今年も「NISMO FESTIVAL」で行われる。
「スカイラインGTS-R ETC出場車」のレストア作業は11月上旬に完了する予定。一般向けのお披露目は、今年も「NISMO FESTIVAL」で行われる。

2017年のレストア車は、世界に挑んだレーシングカー

「日産名車再生クラブ」は、日産テクニカルセンターの開発部門従業員を中心に結成された有志の団体で、毎年日産の歴史的名車のレストアを行い、動態保存が行える状態にまで仕上げている。レストア車は日産ヘリテージコレクション(座間記念庫)に保管されているものの中から選ばれるが、基本的には市販車をベースとしたモータースポーツ車両が対象となっている。これは、“ハコ車”ベースの競技車両は一品ものの部品が多いため。日常的にさまざまな試作部品を製作し、さらに各部門のスペシャリストがそろう自動車開発拠点である、日産テクニカルセンターの強みが最大限に生かせるためだ。

今年レストアを行う1988年スカイラインGTS-R ETC出場車は、1985年にデビューし、「R31」の愛称で親しまれた7代目スカイラインのワークスレーシングカーである。ベースとなったのは1987年に発売されたグループAレース用のホモロゲーションカー「スカイラインGTS-R」で、NISMOが欧州の活動拠点として英国に設立した「NME」によって製作された。

同車は、1988年のETCに、アラン・グレイス/ウィン・パーシー組で参戦。さらに世界3大耐久レースのひとつとして有名な「スパ・フランコルシャン24時間レース」に、アンデルス・オロフソン選手を加えた3人体制で参戦し、総合6位入賞を果たすなど、日産のモータースポーツ活動の歴史を語る上で欠かせない一台となっている。

日産名車再生クラブによれば、今回のレストア車にR31スカイラインが選ばれた理由は大きくふたつあるという。まず、今年(2017年)がスカイライン誕生の60周年、GTS-R生誕の30周年という節目の年にあたるため。そして、同車がワークスマシンとして世界に挑んだ初のスカイラインであるからだ。

日産名車再生クラブ代表を務める木賀新一氏は、「当時、このマシンがドニントンパークなど欧州のサーキットを駆けていたと想像すると、ワクワクする。サイドマフラーから放つ炎まで、きっちり再現しましょう」とコメントし、今年、レストアに参加するクラブ員たちの気持ちを盛り上げた。

当時を知る日産OBがエピソードを披露

キックオフ式には、日本モータースポーツ推進機構理事長であり、クラブの活動をサポートしている日産OBの日置和夫氏も出席。欧州で日産のモータースポーツ活動に従事していた日置氏は当時を振り返り、「1984年に誕生したNISMOの目標は、世界的なモータースポーツでの活躍であり、将来的にはルマンに参戦しようというものだった」「欧州でレースをするなら向こうにベースが必要だということで、1988年にNMEを設立。すぐにグループCの参戦体制を構築することは難しいことから、国内でグループAにデビューすることが決まっていたR31に白羽の矢がたち、NMEでレーシングカーを作り上げて、まずはETCに参戦した」と、欧州で未発売だったR31スカイラインによるETC参戦の秘話を明かした。また、日置氏は当時このマシンをドライブした経験もあり、「とても乗りやすいクルマだった」とその感想を述べた。

R31スカイラインのレストアは、社内公募で集められた日産自動車および関連会社の有志による、2017年度のクラブ員たちによって行われる。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指す。ファンへのお披露目とデモランは、今年も「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2017 Supported by MOTUL」(11月26日開催予定)で行われる予定だ。

(文と写真=大音安弘

→「スカイラインGTS-R ETC出場車」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
スカイラインスカイラインクーペ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.7.28 試乗記 久々の4気筒ターボはまさかのドイツ製。メルセデスのエンジンを搭載した「200GT-t」に「スカイライン」の“らしさ”はあるか? その走りを試した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT... 2017.11.24 試乗記