第503回:価格差なんと50倍!
ヘッドホン界のロールスとダイハツを聴き比べる

2017.05.26 マッキナ あらモーダ!

機内イヤホン今昔物語

今週はイヤホン/ヘッドホンにまつわる、よもやま話にお付き合いいただこう。

「小林克也のアメリ缶」をご存じだろうか? 日本を代表するDJのひとり、小林克也氏がナレーションを務めた、英会話のカセットテープ教材である。1980年代のヒット商品だ。

数年前、女房の実家で発掘したそれを聴いていて面白かったのが、「航空機内での会話」だった。「機内で映画観賞用のイヤホンを貸してもらうのに数ドルの料金を払う」という設定なのである。

ボクが国際線をたびたび使うようになった1990年代初頭は、まだ各席に個人用ディスプレイが装着される前夜だった。乗客全員で、前方のスクリーンに投影される同じ映画作品をおとなしく見ていたものだ。今思えば、おかしな風景である。しかし、イヤホンはすでに無料になっていた。

やがて、1990年代も中頃になると、ボクが乗るようなエコノミークラスにも個人用ディスプレイが装備された機材が登場する。同時にイヤホンも進化した。以前の聴診器状(アメリ缶添付テキストのイラストとして出てくるイヤホンも、そうしたタイプである)から、今日使用されているオープンエア型ヘッドホンに変わった。

当時ヴァージン・アトランティック航空は、そのヘッドホンをアメニティーケースとともにエコノミー客にもプレゼントしていたものだ。今以上に貧乏だったイタリアのわが家で「ヴァージンのヘッドホン」は、スポンジ部分が破れても女房が当て布をかぶせたりして、語学学習用に長い間生き延びたのを覚えている。

ボーズの「QuietComfort 35」をキャリングケースにおさめたところ。大きさは弁当箱をイメージするとよい。ミニマリストは少々当惑するかもしれないが、そのパフォーマンスは、長距離フライトに持参するだけの価値が十分ある。
ボーズの「QuietComfort 35」をキャリングケースにおさめたところ。大きさは弁当箱をイメージするとよい。ミニマリストは少々当惑するかもしれないが、そのパフォーマンスは、長距離フライトに持参するだけの価値が十分ある。
「QuietComfort 35」のヘッドバンドは、アルカンターラ製である。
「QuietComfort 35」のヘッドバンドは、アルカンターラ製である。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事