クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ(FF/CVT)/シビックセダン プロトタイプ(FF/CVT)

“ホンダらしさ”の奪還へ 2017.05.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。

合言葉は“操る喜び”

シビックが日本に帰ってくる。来る7月下旬に正式発表される10代目の新型だ。2011年に登場した先代モデルは、英国ホンダから限定おとり寄せされた「タイプR」を除いて、日本には入ってこなかった。久々のシビック、カムバックである。

5月23日に千葉県の袖ケ浦フォレストレースウェイでお披露目イベントが開かれた。そこで明らかにされた情報をかいつまんで記すと、新型シリーズは、4ドアセダンと5ドアハッチバック、そしてハッチバックの超ド級トップガン、タイプRである。

ハッチバックは今度も英国ホンダ製を輸入するが、セダンは埼玉製作所でつくられる。あまりにも少数限定すぎて、株主総会でも突き上げられたという2リッターのタイプRは、レギュラーモデルとしてラインナップされることになった。

タイプR以外のエンジンは、「ステップワゴン」でデビューした1.5リッター4気筒VTECターボ。トランスミッションはCVT(無段変速機)がメインだが、ハッチバックには6段MTも用意される。新型シリーズのグランドコンセプトは、「世界のCセグメントをリードする“操る喜び”」。最後のほうはどこかで聞いたようなうたい文句だが、タイプR以外のフツーのモデルにもMTをそろえたことが、復活日本市場における新型シビックの“らしさ”のひとつといえる。

しかし、残念ながら今回のお披露目でハンドルを握れたのは、セダンとハッチバックのいずれもCVT。ニュルブルクリンク市販FF車最速のベルトを奪い返したタイプRは、展示のみだった。

「シビックハッチバック プロトタイプ」のボディーサイズは、全長4520×全幅1800×全高1435mm。イギリスのスウィンドン工場で生産され、日本に輸入される。
「シビックハッチバック プロトタイプ」のボディーサイズは、全長4520×全幅1800×全高1435mm。イギリスのスウィンドン工場で生産され、日本に輸入される。拡大
「ハッチバック」はリアビューに黒い加飾プレートを備えるなど、アグレッシブな雰囲気でまとめられている。
「ハッチバック」はリアビューに黒い加飾プレートを備えるなど、アグレッシブな雰囲気でまとめられている。拡大
「シビックセダン プロトタイプ」のボディーサイズは、全長4650×全幅1800×全高1415mm。日本では埼玉製作所で、北米ではアメリカのインディアナ工場とカナダ・オンタリオ州にある第1工場で製造される。

 

「シビックセダン プロトタイプ」のボディーサイズは、全長4650×全幅1800×全高1415mm。日本では埼玉製作所で、北米ではアメリカのインディアナ工場とカナダ・オンタリオ州にある第1工場で製造される。
	 
	拡大
「セダン」は「ハッチバック」に比べ、全体的に落ち着いた印象でまとめられている。
「セダン」は「ハッチバック」に比べ、全体的に落ち着いた印象でまとめられている。拡大
「ハッチバック」と「セダン」のほか、「タイプR」も同時に7月下旬に正式発表されるが、今回は展示のみだった。
「ハッチバック」と「セダン」のほか、「タイプR」も同時に7月下旬に正式発表されるが、今回は展示のみだった。拡大

ボディーは大きく、ワイド&ローに

帰ってきたシビックは、デカかった。新しいプラットフォーム(車台)に載るボディーは、セダンが全長4650mm。2700mmのホイールベースはそのままに、リアのオーバーハングを詰めたハッチバックが全長4520mm。Cセグの盟主たる「ゴルフ」のハッチバックボディーよりも26cm長い。1800mmの全幅はゴルフと同寸だが、全高はセダンで7cm、ハッチバックで5cm、いずれもシビックのほうが低い。ゴルフと同じクラスとは思えないほど大きく、そしてワイド&ローに見える。それが今度のシビックの特徴でもあり、また“売り”でもあるだろう。

1年以上前から販売されているアメリカでいま人気のセダンは、4ドアクーペふうのおとなしいフォルムだが、ハッチバックはよりアグレッシブでスポーティーだ。特にリアスタイルは、目立つ。大きなリアランプの下にある左右一対の黒い加飾プレート。センター2本出しのテールパイプ(タイプRは3本)。タイヤは、17インチの215/50を履くセダンに対して、18インチの235/40が付く。エンジンのチューンも若干異なり、ハッチバックには9ps増しの182psユニットが搭載される。ノーマルでも“天然スポーティー”なのがハッチバックである。

「ハッチバック」と「セダン」のインテリアは共通。セダンのトランスミッションはCVTのみ、ハッチバックにはCVTと6MTが用意される。
「ハッチバック」と「セダン」のインテリアは共通。セダンのトランスミッションはCVTのみ、ハッチバックにはCVTと6MTが用意される。拡大
フロントシートは座面や背もたれも大きめのつくり。写真は「ハッチバック」。
フロントシートは座面や背もたれも大きめのつくり。写真は「ハッチバック」。拡大
後席は「ハッチバック」「セダン」ともに6:4分割可倒式。ホンダの主張によれば、キャビンはセダンのほうが若干広い。
後席は「ハッチバック」「セダン」ともに6:4分割可倒式。ホンダの主張によれば、キャビンはセダンのほうが若干広い。拡大
ホンダによれば荷室も「ハッチバック」より「セダン」のほうが若干広めとなる。写真はセダン。
ホンダによれば荷室も「ハッチバック」より「セダン」のほうが若干広めとなる。写真はセダン。拡大

本命はハッチバック

この日の試乗車はすべてナンバーの付いていないプロトタイプだった。セダン、ハッチバックの順で1周2.5kmのサーキットを各4周というプログラムだから、あくまでファーストタッチのチョイ乗りでしかないが、この順番で乗ったのは正解だった。ゴルフクラスよりひと回り大きいフツーのクルマ、という印象のセダンに比べると、ハッチバックは動き出しから歴然とスポーティーである。

182psのパワーは、初出のステップワゴン(150ps)より2割以上向上している。1.5リッターターボとしてはかなりのハイチューンで、173psのセダンと比べても明らかに力強い。

CVTの変速にはステップがきられ、静止からフル加速すると、6000rpm手前まで引っ張って5000rpmあたりに落ち、また昇りつめるという有段変速的シフトアップを繰り返す。ヨーロッパで指弾されているCVT特有のラバーバンドエフェクト(ゴムが伸びるように高回転で回りっぱなしになる)を感じさせない味つけだ。

新設計のサスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアがマルチリンク。平滑なサーキット路面だから、乗り心地の違いは特に感じなかったが、コーナリング中のスロットルオンオフで軌跡を変えられるその感度はハッチバックのほうが鋭い。操縦の自由度が高いのだ。ホンダが主張する新型シビックの“操る喜び”はハッチバックが代表している。

試乗会が行われた袖ヶ浦フォレストレースウェイの気温は25度。雲ひとつない晴天だった。
試乗会が行われた袖ヶ浦フォレストレースウェイの気温は25度。雲ひとつない晴天だった。拡大
「ハッチバック」と「セダン」に搭載される1.5リッター直4 VTECターボエンジン。最高出力はハッチバックのほうが9ps大きい。
「ハッチバック」と「セダン」に搭載される1.5リッター直4 VTECターボエンジン。最高出力はハッチバックのほうが9ps大きい。拡大
扇形に3分割されたメーターはデジタル式。ステアリングスイッチで表示の切り替えができる。
扇形に3分割されたメーターはデジタル式。ステアリングスイッチで表示の切り替えができる。拡大
試乗車のタイヤサイズは「ハッチバック」が235/40R18、「セダン」が215/50R17だった。なお、セダンには215/55R16も設定される。
試乗車のタイヤサイズは「ハッチバック」が235/40R18、「セダン」が215/50R17だった。なお、セダンには215/55R16も設定される。拡大
袖ヶ浦フォレストレースウェイを行く「シビックセダン プロトタイプ」。
袖ヶ浦フォレストレースウェイを行く「シビックセダン プロトタイプ」。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

1.5リッターのMTに期待

運転席の居住まいは、セダンとハッチバックでそれほど大きな差は感じなかった。扇形に3分割された計器盤は、すべてデジタル表示で、アナログメーターはない。ステアリングスポークにあるスイッチで真正面に出す計器を選択できる。

ボディー全長はセダンのほうが13cm長いが、リアオーバーハングの違いだから、キャビンの広さは変わらない。

だが、荷車として使うなら、断然ハッチバックである。テールゲートの開口部がワイドで、しかもヒンジがルーフの奥まった位置にあるため、開口の奥行きもたっぷりしている。例えばスポーツ自転車を寝かせたまま出し入れするときに、余計な体力も気も使わずにすみそうな荷室である。

新型ハッチバックは、いまイギリスでも“カミングスーン”状態にある。ホンダUKのオフィシャルサイトを見たら、10数分のプロモーションビデオがあった。アマチュア自転車チームのサポートカーとしてシビックが働く、その一日を追いながら、新型の特徴や新機軸が紹介されていくというなかなか秀逸な動画だ。

日本でフツーのシビックのハッチバックがデビューするのは、2000年に登場した7代目以来である。「フィット」の大ブレイクで、8代目はタイプRを除き、セダンのみになったのだ。新型の発表発売まであと2カ月。個人的には、1.5リッターのMTが一番楽しみである。

(文=下野康史/写真=田村 弥/編集=大久保史子)

 
ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】の画像拡大
「ハッチバック」と「タイプR」には、シャークフィン型のルーフアンテナが装備される(写真はタイプRのもの)。
「ハッチバック」と「タイプR」には、シャークフィン型のルーフアンテナが装備される(写真はタイプRのもの)。拡大
「タイプR」に搭載される2リッター直4 VTECターボエンジンは最高出力320ps、最大トルク400Nmを発生する。
「タイプR」に搭載される2リッター直4 VTECターボエンジンは最高出力320ps、最大トルク400Nmを発生する。拡大
赤と黒を基調とし、レーシーなイメージでまとめられた「タイプR」のインテリア。6段MTには新機構レブマッチシステムを搭載する。
赤と黒を基調とし、レーシーなイメージでまとめられた「タイプR」のインテリア。6段MTには新機構レブマッチシステムを搭載する。拡大
「タイプR」のタイヤサイズは245/30ZR20。コンチネンタルの「スポーツコンタクト6」を装着していた。
「タイプR」のタイヤサイズは245/30ZR20。コンチネンタルの「スポーツコンタクト6」を装着していた。拡大
ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ
ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ拡大

テスト車のデータ

ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4520×1800×1435mm
ホイールベース:2700mm
車重:--kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:CVT
最高出力:182ps(134kW)/6000rpm
最大トルク:220Nm(22.4kgm)/1700-5500rpm
タイヤ:(前)235/40R18 95Y/(後)235/40R18 95Y(グッドイヤー・イーグルF1)
燃費:‐‐km/リッター
価格:‐‐円/テスト車=‐‐円
オプション装備:‐‐

テスト車の年式:--
テスト開始時の走行距離:‐‐km
テスト形態:トラックインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:‐‐リッター
参考燃費:‐‐km/リッター

ホンダ・シビックセダン プロトタイプ
ホンダ・シビックセダン プロトタイプ拡大

ホンダ・シビックセダン プロトタイプ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4650×1800×1415mm
ホイールベース:2700mm
車重:‐‐kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:CVT
最高出力:173ps(127kW)/5500rpm
最大トルク:220Nm(22.4kgm)/1700-5500rpm
タイヤ:(前)215/50R17 91V /(後)215/50R17 91V (ブリヂストン・トランザER33)
燃費:‐‐km/リッター
価格:‐‐円/テスト車=‐‐円
オプション装備:‐‐

テスト車の年式:--
テスト開始時の走行距離:‐‐km
テスト形態:トラックインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:‐‐リッター
参考燃費:‐‐km/リッター

関連キーワード:
シビックホンダ試乗記

あなたにおすすめの記事