【スペック】全長×全幅×全高=4145×1845×1305mm/ホイールベース=2430mm/車重=1440kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5250rpm、27.5kgm/1800-4600rpm)/価格=525万円(テスト車=561万4000円/メタリックペイント<パールベージュ>=8万4000円/レザーパッケージ=28万円)

メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー スポーツ(FR/7AT)【試乗記】

オトナのためのスポーツカー 2011.09.25 試乗記 メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー スポーツ(FR/7AT)
……561万4000円

メルセデス・ベンツのコンパクトオープン「SLK」が3代目に進化。「スポーツ」を名乗るエントリーグレードを駆って、その実力を確かめた。

がらりとイメージチェンジ

3代目「メルセデス・ベンツSLK」は男らしくなった。初代も2代目も、なんとなく女性的だった。メルセデス・スポーツカーの末っ子であることを意識しすぎていたのかも知れない。
Das Beste oder nichts. (最善か無か)
メルセデスは昨年、創業者ゴットリープ・ダイムラーのこの言葉を企業スローガンとして復活させた。このことに象徴されるように、メルセデス・ベンツは考え方を改めたのだ。市場にこびるのではなく、市場を啓蒙(けいもう)する、というように。

新型「SLK」の造形は、栄光の50年代の「190SL」(ということはつまり「300SL」)を意識したという。同時に、現代版300SLというべきスーパースポーツたる「SLS AMG」、あるいは革新的メルセデスの成功作である「CLS」とも視覚的なつながりを作り出しているという。

巨大なラジエターグリルとその中央に掲げられたスリー・ポインテッド・スター。速度の2乗で壁となる大気に挑む、屹立(きつりつ)したそれこそが新型SLKに込められたメッセージなのだ。それはつまりこうである。
「われこそはメルセデス・ベンツなり!」
「自動車の創造主にして世界最古の自動車メーカー、自動車の帝王なり!」

新型SLKの日本仕様は、いまのところ1.8リッター直4ターボの「200」と3.5リッターV6の「350」に大別される。ここで紹介するのは、200に設定された入門用モデルの「スポーツ」で、お値段なんと525万円。装備を簡素にすることで(といっても目立つのはレザーシートやパワーシートの省略程度だけれど)、200の580万円から55万円引きを実現した、いわゆる戦略車種なのである。

メルセデスの最新トランスフォーマーの戦略モデル、その成り立ちはというと……。 


メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー スポーツ(FR/7AT)【試乗記】の画像
インテリアの様子。新型では、エアコン吹き出し口やステアリングホイールの形状に、スーパースポーツ「SLS AMG」のテイストが取り入れられた。
インテリアの様子。新型では、エアコン吹き出し口やステアリングホイールの形状に、スーパースポーツ「SLS AMG」のテイストが取り入れられた。
電動開閉式のルーフは、初代「SLK」から受け継がれるもの。20秒以下でフルオープンとなる。3代目の新型ではフレームがマグネシウム合金になり、さらなる軽量化が図られた。
(写真をクリックすると、オープン動作が見られます)
電動開閉式のルーフは、初代「SLK」から受け継がれるもの。20秒以下でフルオープンとなる。3代目の新型ではフレームがマグネシウム合金になり、さらなる軽量化が図られた。
(写真をクリックすると、オープン動作が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
ホームへ戻る