【スペック】全長×全幅×全高=4145×1845×1305mm/ホイールベース=2430mm/車重=1440kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5250rpm、27.5kgm/1800-4600rpm)/価格=525万円(テスト車=561万4000円/メタリックペイント<パールベージュ>=8万4000円/レザーパッケージ=28万円)

メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー スポーツ(FR/7AT)【試乗記】

オトナのためのスポーツカー 2011.09.25 試乗記 メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー スポーツ(FR/7AT)
……561万4000円

メルセデス・ベンツのコンパクトオープン「SLK」が3代目に進化。「スポーツ」を名乗るエントリーグレードを駆って、その実力を確かめた。

がらりとイメージチェンジ

3代目「メルセデス・ベンツSLK」は男らしくなった。初代も2代目も、なんとなく女性的だった。メルセデス・スポーツカーの末っ子であることを意識しすぎていたのかも知れない。
Das Beste oder nichts. (最善か無か)
メルセデスは昨年、創業者ゴットリープ・ダイムラーのこの言葉を企業スローガンとして復活させた。このことに象徴されるように、メルセデス・ベンツは考え方を改めたのだ。市場にこびるのではなく、市場を啓蒙(けいもう)する、というように。

新型「SLK」の造形は、栄光の50年代の「190SL」(ということはつまり「300SL」)を意識したという。同時に、現代版300SLというべきスーパースポーツたる「SLS AMG」、あるいは革新的メルセデスの成功作である「CLS」とも視覚的なつながりを作り出しているという。

巨大なラジエターグリルとその中央に掲げられたスリー・ポインテッド・スター。速度の2乗で壁となる大気に挑む、屹立(きつりつ)したそれこそが新型SLKに込められたメッセージなのだ。それはつまりこうである。
「われこそはメルセデス・ベンツなり!」
「自動車の創造主にして世界最古の自動車メーカー、自動車の帝王なり!」

新型SLKの日本仕様は、いまのところ1.8リッター直4ターボの「200」と3.5リッターV6の「350」に大別される。ここで紹介するのは、200に設定された入門用モデルの「スポーツ」で、お値段なんと525万円。装備を簡素にすることで(といっても目立つのはレザーシートやパワーシートの省略程度だけれど)、200の580万円から55万円引きを実現した、いわゆる戦略車種なのである。

メルセデスの最新トランスフォーマーの戦略モデル、その成り立ちはというと……。 


メルセデス・ベンツSLK200ブルーエフィシェンシー スポーツ(FR/7AT)【試乗記】の画像
インテリアの様子。新型では、エアコン吹き出し口やステアリングホイールの形状に、スーパースポーツ「SLS AMG」のテイストが取り入れられた。
インテリアの様子。新型では、エアコン吹き出し口やステアリングホイールの形状に、スーパースポーツ「SLS AMG」のテイストが取り入れられた。
電動開閉式のルーフは、初代「SLK」から受け継がれるもの。20秒以下でフルオープンとなる。3代目の新型ではフレームがマグネシウム合金になり、さらなる軽量化が図られた。
(写真をクリックすると、オープン動作が見られます)
電動開閉式のルーフは、初代「SLK」から受け継がれるもの。20秒以下でフルオープンとなる。3代目の新型ではフレームがマグネシウム合金になり、さらなる軽量化が図られた。
(写真をクリックすると、オープン動作が見られます)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLKクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る