第43回:フェラーリ様って凄い……

2017.05.30 カーマニア人間国宝への道

3台目の「328」を購入

これまでディーゼルのことを延々と書き連ね、スーパー節約号こと「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」の後継マシンの選定を鋭意進めてまいった不肖わたくしでございますが、このたび別のガソリン車を購入いたしましたので、そちらの方はしばらくペンディングすることにしました。

別のガソリン車の名前は、「フェラーリ328GTS」です。

86年式で走行4万5000kmのヨーロッパ仕様(並行輸入もの)。お値段はコミコミ980万円。少し前までもうちょっと相場が高かったので、1200万までは覚悟していたんだけど、微妙に値下がりしたようでラッキーでした。

といっても、長期スパンで見ると、人気のネオクラシックである328の値上がりはかなりのものだ。

実はわたくし、328を買うのはこれが3台目なのですが、9年前に買った「328GTB」(日本仕様)はコミコミ598万円。購入1カ月後に「328GTS」(ヨーロッパ仕様)に買い替えた際は、追い金なしの素取っ替え。つまり本体価格500万円くらいか?(正確には不明)。GTS同士で比べると、9年前の2倍近いのです。

やっぱカーマニアとして、ドーンと値上がりしたクルマを買うのは悔しいもんだ。賢く安く買うのがカーマニアの誇りみたいなところがあるので。

それでも私が「1200万円も覚悟」などというお大尽(だいじん)な態度で328に接することができたのは、高価な下取り車があったからです。その名は「フェラーリ458イタリア」です。 

筆者の愛車、スーパー節約号こと「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。(写真=池之平昌信)
筆者の愛車、スーパー節約号こと「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。(写真=池之平昌信)
新たに購入した「フェラーリ328GTS」のお値段は諸経費込みで980万円なり。(写真=池之平昌信)
新たに購入した「フェラーリ328GTS」のお値段は諸経費込みで980万円なり。(写真=池之平昌信)
筆者にとって初めての「328」となった、「フェラーリ328GTB」(日本仕様)。
筆者にとって初めての「328」となった、「フェラーリ328GTB」(日本仕様)。
筆者にとって2台目の「328」となった、「フェラーリ328GTS」(ヨーロッパ仕様)。(写真=池之平昌信)
筆者にとって2台目の「328」となった、「フェラーリ328GTS」(ヨーロッパ仕様)。(写真=池之平昌信)
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事