【F1 2017 速報】第6戦モナコGPでベッテル今季3勝目

2017.05.29 自動車ニュース

F1世界選手権第6戦モナコGPの決勝が、2017年5月28日、モンテカルロ市街地コース(3.337km)を78周して行われた。

およそ9年ぶりにポールポジションを獲得したフェラーリのキミ・ライコネン。レース中盤までレースをリードするも、タイヤ交換のタイミングでチームメイトのセバスチャン・ベッテルにオーバーカットを許してしまった。

優勝はベッテルで、今季3勝目、モナコでの2勝目、通算45勝目を記録。フェラーリにとっては2001年のミハエル・シューマッハー以来となるモナコ優勝となった。

惜しくも2位に終わったのはライコネン。普段から感情を表に出さず「アイスマン」と呼ばれる彼だが、レース後のポディウムでは言葉少なく、肩を落としていた。

3位に入ったのはレッドブル・タグ・ホイヤーのダニエル・リカルド。予選5位からベッテル同様にオーバーカットを成功させ表彰台を獲得した。

ピットインのタイミングでリカルドに先を越されたメルセデスのバルテリ・ボッタスは4位、レッドブルのもう1台、マックス・フェルスタッペンは5位。トロロッソ・ルノーのカルロス・サインツJr.は予選順位と同じ6位でゴールした。

絶不調でまさかの予選Q2敗退、13番グリッドからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトンは、追い抜き困難なモナコで何とか7位まで挽回しゴール。ハース・フェラーリは、ロメ・グロジャン8位、ケビン・マグヌッセン10位とダブル入賞を果たし、ウィリアムズ・メルセデスのベテラン、フェリッペ・マッサは9位でフィニッシュした。

以下、11位ジョリオン・パーマー(ルノー)、12位エステバン・オコン(フォースインディア・メルセデス)、13位セルジオ・ペレス(フォースインディア)、14位ダニール・クビアト(トロロッソ)、15位ランス・ストロール(ウィリアムズ)が完走した。

チャンピオンシップをリードするベッテルは129点で首位を堅持。ランキング2位のハミルトンはまるまる1勝分の25点もの差をつけられてしまった。3位ボッタス75点、4位ライコネン67点、5位リカルド52点と続く。コンストラクターズチャンピオンシップでは、フェラーリが196点でトップに浮上。2位メルセデスとのギャップは17点だ。3は位レッドブルで97点、4位フォースインディア53点、5位トロロッソ29点となっている。

(文=bg)

 
【F1 2017 速報】第6戦モナコGPでベッテル今季3勝目の画像

関連キーワード:
F1 2017モータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事