佐藤琢磨がインディ500で悲願の初優勝

2017.05.29 自動車ニュース

2017年5月28日(現地時間)、米国インディアナ州のインディアナポリスモータースピードウェイで開催された第101回インディアナポリス500マイルレース(インディ500)で、佐藤琢磨が優勝した。

F1のモナコGP、ルマン24時間耐久レースと並んで「世界3大レース」と称されるインディ500。今シーズンの米国インディカー・シリーズの第6戦に組み入れられた同レースを、予選4位からスタートした佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポーツ)が接戦の末に制した。

佐藤にとってインディカー・シリーズでの勝利は、2013年シーズンの第3戦「グランプリ・オブ・ロングビーチ」以来となる2度目。インディ500は、挑戦8度目での悲願の初優勝となった。同レースでの勝利は、日本人ドライバーとして初の快挙。

なお、F1モナコGPを欠場してマクラーレン・ホンダ・アンドレッティからインディ500に初挑戦したフェルナンド・アロンソは、5番グリッドからスタートし一時はトップに立つなど素晴らしい走りを見せたものの、エンジンブローによりリタイアとなった。

(webCG)

 
佐藤琢磨がインディ500で悲願の初優勝の画像

関連キーワード:
モータースポーツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事