第504回:これが本場の通り名だ!?
クルマの略称とニックネームを考える

2017.06.02 マッキナ あらモーダ!

「チンク」は通じません

「マイコン」「パソコン」「クルコン」さらには「ロリコン」まで、日本人は短縮語を作るのが得意である。

では、クルマの名前は、イタリアやフランスでどのように略されているのか? あるいは独自の愛称で呼ばれているのか? というのが、今回の話題だ。

イタリアといえば、まず「フィアット500(チンクエチェント)」である。日本ではよく「チンク」と言うファンや雑誌を見かけるが、あれは本場では通じない。イタリアでは「チンクエチェント」と呼ぶ。正確には、クルマを示すmacchina(マッキナ)はイタリア語で女性形なので、女性形定冠詞をつけて「ラ・チンクエチェント」と言えば、確実である。

「フィアット・パンダ」を語るとき、どうすればよいのか? こちらもいきなり「panda」と言っても、動物のパンダか、クルマのパンダか一発で伝わらない。また、イタリア人が「フィアット・パンダ」とフルネームで呼ぶことは極めて少ない。

どのように言うかというと、フィアット500と同様、定冠詞とセットにして「ラ・パンダ」にするのだ。「ラ・パンダ」だけで、動物ではなく、クルマのことだとわかってもらえる。

「フィアット500(チンクエチェント)」。フィレンツェにて。
「フィアット500(チンクエチェント)」。フィレンツェにて。
トリノのリンゴット地区にあるフィアット旧本社前にたたずんでいた「フィアット500」。
トリノのリンゴット地区にあるフィアット旧本社前にたたずんでいた「フィアット500」。
「パンダ」は「ラ・パンダ」というだけで、動物のパンダと区別してもらえる。
「パンダ」は「ラ・パンダ」というだけで、動物のパンダと区別してもらえる。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事