第212回:場外乱闘発生!? 大矢アキオ式フランクフルトショーの楽しみ方(前編)

2011.09.23 エッセイ

第212回:場外乱闘発生!?大矢アキオ式フランクフルトショーの楽しみ方(前編)

これって、クルマのクラウド化?

第64回フランクフルトモーターショーである。一昨年と比べ、主要メーカー各社が電気自動車(EV)をより現実的な形でアピールしていたのはすでに報道されているとおりなので、そちらにお任せしたい。
本欄ではボク・大矢アキオ自身が個人的に気になったもの・楽しんだものを硬軟取り混ぜてつづってゆこう。

EV関連のディスプレイで秀逸だったのは、実はドイツメーカーでなくルノーだ。充電器を30分の急速型、6〜8時間型、さらに電池交換型など明確に分けて展示するという、EVのある生活を非常にイメージしやすいものだったからだ(写真2、3)。

ご存じの読者もいると思うが、電池交換型とはルノーが以前から模索しているシステムで、専用ステーションで空になった電池とフル充電の電池を自動交換するというものだ。
このシステム、電池技術が進歩して航続可能距離が長くなったあとは、シンフォニーを一曲聴くのにレコード盤が何枚も必要だったSP時代のごとく、昔の笑い話になる危険性が高い。「高価なインフラを各地に作ったあと、いったい何年使うのだ?」という疑問も残る。しかし電池を共有のものにするという概念は自動車のクラウド化という面白い未来性が広がるかもしれない、と思ったボクであった。

【写真1】第64回フランクフルトモーターショーの会場。写真はメルセデス・ベンツのパビリオン。
第212回:場外乱闘発生!? 大矢アキオ式フランクフルトショーの楽しみ方(前編)
【写真2】ルノーは、EV用に4種類の充電装置を提案した。
第212回:場外乱闘発生!? 大矢アキオ式フランクフルトショーの楽しみ方(前編)
【写真3】ルノーの4種類の充電装置のひとつ、電池交換スタンド。クルマから空の電池をリフトで引き降ろし、代わりに充電済み電池を装填する。
第212回:場外乱闘発生!? 大矢アキオ式フランクフルトショーの楽しみ方(前編)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。