【スペック】クーペ:全長×全幅×全高=4355×1965×1605mm/ホイールベース=2660mm/車重=1670kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(240ps/5500rpm、34.7kgm/1750-4000rpm)(欧州仕様車)

ランドローバー・レンジローバー イヴォークSi4(4WD/6AT)【海外試乗記】

老舗ブランドの挑戦 2011.09.23 試乗記 ランドローバー・レンジローバー イヴォークSi4(4WD/6AT)

最もコンパクトなレンジローバー「イヴォーク」が登場。日本上陸を前にイギリスで試乗した。

手抜きのない作り

衝撃は、そのデザインである。とりわけその3ドアモデル「クーペ」なんて、2008年のデトロイトショーに出展されたコンセプトカー「LRX」そっくりそのままなのだ。クーペとSUVの融合。よく使われるフレーズだが、ここまでうまくやりとげた例はそうはない。さらに言えば、カタチそれ自体だけでなく、レンジローバーという老舗ブランドがこれだけ斬新なスタイリングを打ち出してきたことにも驚かされずにはいられない。

もちろん、それはうれしい驚きだ。「レンジローバー イヴォーク」。第一印象で、強烈に印象づける存在である。

見た目だけでなく内容も進歩的だ。車体の基本骨格は「ランドローバー・フリーランダー2」を土台にしているが、実際には90%以上が刷新されている。特徴的なのは、サブフレームのマウント位置を変えてシャシーを27mm低く設定したこと。スリーサイズは全長4355mm×全幅1965mm×全高1605mm(クーペ)と、全長がコンパクトなだけでなくレンジローバーとしてはロー&ワイドなバランスになっている。ちなみに5ドアモデルは全高が30mm高いが、パッと見てそれと気付く人はそうはいないだろう。Cd値は0.35(5ドア)を達成したという。

アルミ製のボンネットにルーフ、樹脂製のフェンダーやテールゲートを用い、サスペンションまで一部をアルミ製とするなど軽量化も徹底された。もっとも軽いモデルで車重は1.6トンを切っている。

インテリアの意匠やクオリティには、ブランドの伝統が外観以上に色濃く息づいていて、コンパクトだからって手抜きはない。多用されたアルミ素材、丹念なステッチングなどは、このクラスへの期待値を超えている。


ランドローバー・レンジローバー イヴォーク Si4(4WD/6AT)【海外試乗記】
インパネには8インチのタッチスクリーンディスプレイが備わる。センターコンソールのセレクターはダイヤル式。
ランドローバー・レンジローバー イヴォーク Si4(4WD/6AT)【海外試乗記】
インテリア・エクステリアは「ピュア」「プレステージ」「ダイナミック」の3種のデザインテーマから選ぶことができる。写真はスポーティな「ダイナミック」。
ランドローバー・レンジローバー イヴォーク Si4(4WD/6AT)【海外試乗記】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー イヴォークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク コンバーチブル HSEダイナミック【試乗記】 2016.11.1 試乗記 「レンジローバー イヴォーク」にソフトトップを装備した「イヴォーク コンバーチブル」が登場。21秒で絶景を得られるフル4シーターオープンで街中を流す気分とは? 海風香る横浜で試乗した。 
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
ホームへ戻る