【スペック】クーペ:全長×全幅×全高=4355×1965×1605mm/ホイールベース=2660mm/車重=1670kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(240ps/5500rpm、34.7kgm/1750-4000rpm)(欧州仕様車)

ランドローバー・レンジローバー イヴォークSi4(4WD/6AT)【海外試乗記】

老舗ブランドの挑戦 2011.09.23 試乗記 ランドローバー・レンジローバー イヴォークSi4(4WD/6AT)

最もコンパクトなレンジローバー「イヴォーク」が登場。日本上陸を前にイギリスで試乗した。

手抜きのない作り

衝撃は、そのデザインである。とりわけその3ドアモデル「クーペ」なんて、2008年のデトロイトショーに出展されたコンセプトカー「LRX」そっくりそのままなのだ。クーペとSUVの融合。よく使われるフレーズだが、ここまでうまくやりとげた例はそうはない。さらに言えば、カタチそれ自体だけでなく、レンジローバーという老舗ブランドがこれだけ斬新なスタイリングを打ち出してきたことにも驚かされずにはいられない。

もちろん、それはうれしい驚きだ。「レンジローバー イヴォーク」。第一印象で、強烈に印象づける存在である。

見た目だけでなく内容も進歩的だ。車体の基本骨格は「ランドローバー・フリーランダー2」を土台にしているが、実際には90%以上が刷新されている。特徴的なのは、サブフレームのマウント位置を変えてシャシーを27mm低く設定したこと。スリーサイズは全長4355mm×全幅1965mm×全高1605mm(クーペ)と、全長がコンパクトなだけでなくレンジローバーとしてはロー&ワイドなバランスになっている。ちなみに5ドアモデルは全高が30mm高いが、パッと見てそれと気付く人はそうはいないだろう。Cd値は0.35(5ドア)を達成したという。

アルミ製のボンネットにルーフ、樹脂製のフェンダーやテールゲートを用い、サスペンションまで一部をアルミ製とするなど軽量化も徹底された。もっとも軽いモデルで車重は1.6トンを切っている。

インテリアの意匠やクオリティには、ブランドの伝統が外観以上に色濃く息づいていて、コンパクトだからって手抜きはない。多用されたアルミ素材、丹念なステッチングなどは、このクラスへの期待値を超えている。


ランドローバー・レンジローバー イヴォークSi4(4WD/6AT)【海外試乗記】の画像
インパネには8インチのタッチスクリーンディスプレイが備わる。センターコンソールのセレクターはダイヤル式。
インパネには8インチのタッチスクリーンディスプレイが備わる。センターコンソールのセレクターはダイヤル式。
インテリア・エクステリアは「ピュア」「プレステージ」「ダイナミック」の3種のデザインテーマから選ぶことができる。写真はスポーティな「ダイナミック」。
インテリア・エクステリアは「ピュア」「プレステージ」「ダイナミック」の3種のデザインテーマから選ぶことができる。写真はスポーティな「ダイナミック」。
関連記事
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • ジャガー、新型「XFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開 2017.5.18 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーは2017年5月17日、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」のティーザー画像を公開した。イギリスでは6月14日に正式発表される予定だ。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
ホームへ戻る