第44回:巨乳にも限度がある

2017.06.06 カーマニア人間国宝への道

“行き止まり感”を覚えて

ということで、「458イタリア」から「328GTS」への乗り換えで、1220万円もゲットしてしまった不肖ワタクシである。

つまり、「プジョー308SW BlueHDi」どころか、「メルセデス・ベンツS300h」ですらキャッシュで買えるウルトラ大金持ちというわけだが、そういうお金って意外と使えないもんですね。ホントは自分で払ったお金が戻ってきただけなんだけど、神様からの贈り物にしか思えないのですよ! それを足グルマに流用していいもんだろうか?

それに、どんだけお金が戻ってきたっつっても、フェラーリを買ったことには違いない。つまり人生最大級のゼイタクをしたわけだ。人間、連続してゼイタクはできないです。バチが当たりそうで。

とにかく神様からの贈り物なので、神様に貢ぐのが一番ということで、納車されたらタイヤとかダンパー交換に使おうとは思ってますけど、それじゃどんだけゼイタクしても100万円くらいでしょうか? 本当にありがたいお話です。

ところで、なぜに458イタリアから328へ買い替えたのか、その理由を記さねばなるまい。

買い替えたくなったのは、単にココロの赴くままでありまして、漠然としているのですが、自己分析すると、“行き止まり感”ということになりましょう。

筆者にとって3台目の「328」となる「フェラーリ328GTS」。お値段は980万円。
筆者にとって3台目の「328」となる「フェラーリ328GTS」。お値段は980万円。拡大
戻ってきたお金は、神様からの贈り物だ!
戻ってきたお金は、神様からの贈り物だ!拡大
筆者にとって2台目の「328」となる“ヨーコ様”こと「フェラーリ328GTS」。このクルマでも、いろいろと神様に奉納させていただいた。ありがたや~。
筆者にとって2台目の「328」となる“ヨーコ様”こと「フェラーリ328GTS」。このクルマでも、いろいろと神様に奉納させていただいた。ありがたや~。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488ピスタ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.2 試乗記 「フェラーリ488GTB」をベースに、その走行性能を徹底的に高めたスペシャルモデル「488ピスタ」。マラネロのエンジニアたちは、この新型スーパースポーツでどんな走りを実現したのか。最終量産型に聖地フィオラノで試乗した。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【試乗記】 2018.3.12 試乗記 V8ターボエンジンを搭載するフェラーリの4シーター「GTC4ルッソT」に試乗。その走りにはどんな特徴があるのか。12気筒エンジンやMRの駆動方式を採用する、ほか多くの“跳ね馬”に接してきた清水草一がリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ジャガーIペース ファーストエディション/Iペース HSE EV400 AWD【海外試乗記】 2018.7.3 試乗記 “エレクトリック・パフォーマンスSUV”を名乗る、ジャガーのピュアEV「Iペース」にポルトガルで試乗。その走りは、これまで経験してきたEVとはひと味違った、ジャガーならではの素性のよさが感じられるものだった。
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
ホームへ戻る