日産と三菱、OEM相互供給を拡大

2011.09.22 自動車ニュース

日産と三菱、OEM相互供給を拡大

日産自動車と三菱自動車工業は2011年9月22日、国内OEM事業の拡大に合意したと発表した。

両社は2010年12月に協力関係の強化で合意し、OEMの拡大、海外での生産協力だけでなく、2011年6月1日には軽自動車の開発事業に取り組む合弁会社「NMKV(エヌエムケーブイ)」を設立するなど、結びつきを強くしてきた。
今回の内容もその一環で、すでに発表されている「日産NV200バネット」の供給(2011年10月から)に続くプランが合意に至ったという。

発表されたのは、
・日産が三菱に、上級セダン「フーガ」を2012年夏から供給する
・三菱が日産に電気自動車「MINICAB-MiEV」を、2012年度中に供給できるよう検討を開始する
ことについて合意したとの内容だ。

両社は今回の協業について、双方の日本国内の事業競争力強化につながるものであるとしている。

(webCG 本諏訪)

写真は「日産フーガ」。
写真は「日産フーガ」。

関連キーワード:
フーガミニキャブ ミーブ日産三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
  • 日産フーガ250GT(FR/5AT)【試乗記】 2005.3.1 試乗記 日産フーガ250GT(FR/5AT)
    ……389万5500円

    19インチホイールを装着した3.5リッターモデルばかりが話題となっていた日産「フーガ」だが、今回は二玄社編集顧問大川悠が2.5リッターモデルに試乗した。そこには、日産の目指す新しいセダン像がより明確な形で表れていたのである。


ホームへ戻る