第417回:“ちゃんと買い”しないとどうなるの?
ブリヂストンにタイヤ管理の大切さを学んだ

2017.06.06 エディターから一言
 
第417回:“ちゃんと買い”しないとどうなるの?ブリヂストンにタイヤ管理の大切さを学んだの画像

ブリヂストンが開催した、タイヤと安全の体感試乗会に参加。日ごろなかなか試すことのできないタイヤの比較や、あえてコンディションを悪くしたタイヤの乗り心地を、webCG編集部員がリポートする。タイヤって、高価なほど素晴らしい!?

試乗会の概要を説明するブリヂストンの原 秀男氏。企業理念である「最高の品質で社会に貢献」を説明しているところ。(写真=webCG)
試乗会の概要を説明するブリヂストンの原 秀男氏。企業理念である「最高の品質で社会に貢献」を説明しているところ。(写真=webCG)
“ちゃんと買い”に対応した「ブリヂストンエコピアNH100 RV」。今回、試乗した195/65R15サイズは、タイヤラベリング制度で転がり抵抗「AA」、ウエットグリップ性能「b」を獲得している。
“ちゃんと買い”に対応した「ブリヂストンエコピアNH100 RV」。今回、試乗した195/65R15サイズは、タイヤラベリング制度で転がり抵抗「AA」、ウエットグリップ性能「b」を獲得している。
会場の一角には、空気のいらない自転車用タイヤ「ブリヂストン・エアフリーコンセプト」も展示されていた。2019年の実用化を目指すという。ウエットテストをしていないということで、試乗はかなわなかった。(写真=webCG)
会場の一角には、空気のいらない自転車用タイヤ「ブリヂストン・エアフリーコンセプト」も展示されていた。2019年の実用化を目指すという。ウエットテストをしていないということで、試乗はかなわなかった。(写真=webCG)

まずは“ちゃんと買い”について知る

2017年5月上旬、土砂降りの雨の中、われわれ取材陣は栃木県那須塩原市にあるブリヂストン 栃木プルービンググラウンドを訪れた。プルービンググラウンドとは、平たく言えばテストコース(和製英語)である。

本日行われるのは、ブリヂストンが提唱しているタイヤの「ちゃんと買い」とタイヤ管理の大切さをアピールする試乗会だ。ブリヂストンのテレビCMでよく耳にするちゃんと買いだが、そもそもちゃんと買いとは何なのか? 筆者とてちゃんと(お金を払って)買っているし、その点ではちゃんとしている。しかしブリヂストンによれば、ちゃんと、ちゃんと買い(ややこしい)を行っている人は、タイヤ履き替えを行う人の43%にすぎないという。57%もの人がお金を払っていないとも思えないので、まずはちゃんと買いについて詳しく聞いてみる。

ヒトコトで言うと、ちゃんと買いとは「新車装着タイヤから、性能を落とさずにタイヤを履き替えること」だという。とはいえ、一般のユーザーがどのタイヤなら大丈夫なのかを判断することは難しい。そこでブリヂストンが発売したのが「エコピアNH100」シリーズである。このタイヤはまさにちゃんと買いに対応するために開発されたもので、新車装着されるブリヂストンのタイヤの中心値を狙った性能に調整されている。実際、ブリヂストンのタイヤを新車装着するクルマのうち約90%が、エコピアNH100か、それ以上のグレードのタイヤを選ぶことでちゃんと買いしたことになるという。

あなたにおすすめの記事
新着記事