第20回:新たな旗艦「ヴァンキッシュS」に注目!
インポーターに聞きました~アストンマーティン編~

2017.06.05 JAIA輸入車試乗会2017
 
第20回:新たな旗艦「ヴァンキッシュS」に注目!インポーターに聞きました~アストンマーティン編~の画像

新型スポーツカー「DB11」の導入や、レッドブル・レーシングと共同開発中のミドシップスーパースポーツの発表など、2016年もビッグニュースが多かったアストンマーティン。気になる2017年の動向についてお話を伺いました。

2017年4月に日本でもお披露目された新たなフラッグシップモデル「ヴァンキッシュS」。最高出力588psの6リッターV12エンジンを搭載する。
2017年4月に日本でもお披露目された新たなフラッグシップモデル「ヴァンキッシュS」。最高出力588psの6リッターV12エンジンを搭載する。
レッドブル・レーシングと共同開発中のミドシップスーパースポーツカーは「AM-RB 001」と呼ばれていたが、2017年3月のジュネーブショーで正式名称が「ヴァルキリー」であると発表された。
レッドブル・レーシングと共同開発中のミドシップスーパースポーツカーは「AM-RB 001」と呼ばれていたが、2017年3月のジュネーブショーで正式名称が「ヴァルキリー」であると発表された。
現在、開発が進められているブランド初のSUVモデル「DBX」。2019年の生産開始が予定されている。
現在、開発が進められているブランド初のSUVモデル「DBX」。2019年の生産開始が予定されている。

――昨年(2016年)の日本市場における販売状況はいかがでしたか?

販売台数については、非公開とさせてください。でも、おかげさまで2015年の数字を上回りまして、好調に推移いたしました。

――現在、販売をけん引している車種、またイチオシの車種はどのモデルですか?

セカンドセンチュリープランの先陣を切って登場したDB11の売れ行きがいいですね。あと、4ドアの「ラピードS」も堅調を保っています。今年のイチオシのクルマだと、なんといってもさらにパワーアップした「ヴァンキッシュS」ですね。

――今年導入を予定している車種、注目の車種はありますか。可能ならば大まかな導入時期も教えてください。

今春にヴァンキッシュSが日本に上陸します。5月にはデリバリーを開始できる予定ですので、楽しみにしてください。

――全国のwebCG読者へ一言、2017年のアストンマーティンの活動をアピールしてください。

フラッグシップの座に君臨するヴァンキッシュS、4ドアスポーツカーのラピードS、エントリーモデルのピュアスポーツカーである「V8ヴァンテージS」、コンパクトなヴァンテージボディーにパワフルなV12エンジンを搭載した野獣「V12ヴァンテージS」、そして、セカンドセンチュリープランの先陣を切って登場した最新のDB11。アストンマーティンが誇るラインナップの中から、まったく異なる性格を持ったそれぞれのモデルの世界を体験し、どのモデルがご自分のライフスタイルに一番マッチするか、ぜひお確かめください。

(インタビューとまとめ=webCG 藤沢 勝/写真=田村 弥、アストンマーティン、webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事