第435回:タダより高いモノはない!? 迫り来る“フリーウェイ系”中古車の恐怖

2011.09.22 エッセイ

第435回:タダより高いモノはない!?迫り来る“フリーウェイ系”中古車の恐怖

安心おトクな(?)先払い

すべてではない、すべてではない……んですが、実に恐ろしいことを聞いてしまいました。そう、最近はやりの「フリーウェイ」や「ケア」ものについて。具体的にはBMWの「サービス・フリーウェイ」、メルセデス・ベンツの「メルセデス・ケア」、アウディの「アウディフリーウェイプラン」などだ。
もちろんケースバイケースであって、可能性のハナシなんですが、信頼ある修理屋スジからの話で、証拠写真もあるんでとりあえずは聞いて下さいな。

これらは新車購入時に数万円から数十万円(ブランドや車種で異なる)の定額料金を払うと、数年間、「メーカー指定点検」や「指定交換部品の交換」「指定消耗部品の交換」を無料で行えるプログラム。ぶっちゃけエンジンオイルやブレーキフルード交換などがタダになるうえ、点検整備なども同様なので非常にお買い得感が強い。
特に輸入車ビギナーの場合、「ガイシャは壊れる」ってイメージが強いので、それが「国産車並みの安心感」「一定のコスト」でイケるのは大きいよね。

しかも安いプランになると1台5万円程度。となると、高価なブレーキパッドやディスクの交換は含まれなくなるが「そんな大きい故障は結局“運”」と考えると気にならない。これは1993年にBMWが先鞭(せんべん)をつけ、メルセデス・ベンツやアウディの日本法人も順次採用してきた。しかもこういうクルマに限って、その後のアプルーブドカー、正規認定中古車になるわけだ。

写真は、2011年9月22日に日本デビューを果たしたばかりの、新型「BMW1シリーズ」。
第435回:タダより高いモノはない!? 迫り来る“フリーウェイ系”中古車の恐怖
同じく新型「BMW1シリーズ」のエンジンルーム。(※写真はイメージです)
第435回:タダより高いモノはない!? 迫り来る“フリーウェイ系”中古車の恐怖

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』