第505回:デ・トマソ・パンテーラの父 トム・チャーダ逝く

2017.06.09 マッキナ あらモーダ!

デトロイトからイタリアへ

「デ・トマソ・パンテーラ」のデザインで知られるカーデザイナー、トム・チャーダが2017年6月1日、イタリアのトリノで死去した。82歳だった。

トム・チャーダの本名は、スティーヴンス・トンプソン・チャーダ・ファン・スターケンバーグ。1934年に米国デトロイトで生まれた。父親のジョン・チャーダは、“流線形の先駆け”として知られる1936年「リンカーン・ゼファー」を手がけたオランダ系米国人デザイナーであった。

高校では陸上競技で頭角をあらわすとともに、カーデザイナーへの登竜門として知られたゼネラルモーターズ主催の「クラフツマンズ・ギルド」コンテストで優勝した。その後ミシガン大学でインダストリアルデザインを学び、卒業制作はステーションワゴンのデザインに取り組んだ。

1958年、卒業と同時に24歳でイタリアのトリノに渡り、カロッツェリア・ギアで働き始めた。最初は「フォルクスワーゲン・カルマンギア」のリア部分などを受け持ち、やがて「イノチェンティ1100ギア クーペ」をデザインした。さらに、イタリア国家統一100年記念博覧会(1961年)に向けて空前の活況を呈していたトリノで、チャーダは会場内を走るモノレールのデザインも担当した。

トム・チャーダ。トリノのサンカルロ広場で、2010年に撮影。
トム・チャーダ。トリノのサンカルロ広場で、2010年に撮影。
チャーダの名刺代わりとなった代表作「デ・トマソ・パンテーラ」。写真は1972年の「GTS」グレード。
チャーダの名刺代わりとなった代表作「デ・トマソ・パンテーラ」。写真は1972年の「GTS」グレード。
ピニンファリーナ時代における別の作品。「シボレー・コルベット ロンディネ」。1963年のパリモーターショーで公開された。
ピニンファリーナ時代における別の作品。「シボレー・コルベット ロンディネ」。1963年のパリモーターショーで公開された。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事