第418回:新型「XV」が激しくクラッシュ!?
スバルのテックツアーに参加して

2017.06.07 エディターから一言

スバルの歴史や取り組みを、実際に体感しながら学べるプレス向けイベント、テックツアーに参加。今回のテーマは「スバル360」の時代から重視しているという衝突安全テストである。スバルの安全性能の現在地をリポートする。

新型「XV」を早速衝突試験に

さる2017年5月24日、スバルは「メディア向け衝突試験見学会」と称した報道関係者向けのイベントを開催した。同イベントのハイライトは、当日発売(発表は4月6日)されたばかりの新型「XV」を使ったオフセット衝突試験(車速は65km/hだったという)の実演だった。

私自身、実際のクラッシュテストを見せていただいたのは3度目だが、これは何度見ても気持ちいいものではない。カタパルトに乗せられたXVがスルーッと無音のまま現れたと思ったら、突然の“ドッガーン!”という大音響。そしてその直後には、破損した部品が“パラパラ”と散らばって……。

実験とわかっていても、一瞬、心臓が止まりそうになる。そして、グッシャリと無残な姿になったXVを見ると、クルマ好きとしてはなんとも胸が痛い。自動車事故のエネルギーとは、やっぱりすさまじいものがある。

それにしても、なかなか豪気なハナシだ。実験に使われたXVには燃費基準達成ステッカーがきっちり貼られていたから、正規に量産された一台だろう。まあ、発売後の確認実験(今回はデモンストレーションが第一目的だろうが、データ取りもしているだろう)に本物の量産車を使わなれば意味はないにしても、バリバリの新車を1台オシャカにしたのだ。スバルの気合いがうかがえる。

実験を目のあたりにすると、あれだけの衝撃なのにキャビンに生存空間が残されていることにあらためて感心するが、なぜか右側(=オフセットでぶつかった反対側)のカーテンエアバッグが展開していた。

微妙な衝突角度や位置、衝撃度のズレやゆらぎで、こういうこともあるのか……と思ったら、「いや、これは設計どおりです」というのが担当技術者氏の答えだった。

聞けば、オフセット衝突では、車内の乗員はぶつかった反動で逆側(今回は左オフセット衝突なので右側)に振られてしまう。頭部を守るために、そっち側のカーテンエアバッグを意図的に展開するのだという。最近のエアバッグ技術はそこまで緻密なのである。

 
第418回:新型「XV」が激しくクラッシュ!?スバルのテックツアーに参加しての画像
車速65km/hでのオフセット衝突試験の様子。Aピラーよりも前は、完全につぶれてしまったように見える。
車速65km/hでのオフセット衝突試験の様子。Aピラーよりも前は、完全につぶれてしまったように見える。
猛烈な衝突音とともに跳ね返った実験車両の「XV」。取材当日が発売日のニューモデルだ。
猛烈な衝突音とともに跳ね返った実験車両の「XV」。取材当日が発売日のニューモデルだ。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 新型「スバル・インプレッサ」発表会の会場から 2016.10.13 画像・写真
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)... 2017.3.21 試乗記