クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)

あくまでもドライバーファースト 2017.06.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?

偉大なエンジニアの名を持つ

「目地段差キツいっすよ!」
試乗車を受け取りに行くと、編集部Fクンから忠告された。なぜだろう? 乗るのはMINIクラブマンだと聞いていた。ハッチバックモデルの全長を伸ばし、リアに観音開きドアを持つステーションワゴンである。MINIの中でもライフスタイル寄りのモデルだ。ハードな乗り味のはずがないと思ったのだが、実車を見て疑問は氷解した。ボディーには「John Cooper Works」のバッジが誇らしげに輝いていたからだ。

MINIジョンクーパーワークス クラブマンは、たくさんのバッジで飾られている。数えてみると、「Clubman」はリアに1つあるだけで、「ALL4」が2つ、「MINI」がフロント、リア、ステアリングホイールに1つずつで計3つ。「John Cooper Works」は、フロントグリルとリアに1つずつ、左右のサイドスカットルに2つ、ホイールに4つ、ブレーキキャリパーに2つ、内装ではステアリングホイールに1つ、速度計の中に1つ、サイドシルに2つ、前席シートバックに2つ。合計16個である。バッジの数からすると、このクルマは圧倒的にジョンクーパーワークス濃度が高い。

MINIラインナップのトップパフォーマンスグレードを意味するジョンクーパーワークスは、自動車レースの歴史に名を刻む、偉大なエンジニアのジョン・クーパーに由来する名前だ。彼はF1のコンストラクターとして初めてミドシップマシンを投入して大成功を収め、レースの常識を変えてしまったことで知られる。

彼は経済的な大衆車だった「クラシックMINI」のポテンシャルを見抜いた。高度なチューンを施してラリーやレースに参戦し、目覚ましい戦績を残している。MINIの高性能モデルが「MINIクーパー」と呼ばれるゆえんだ。さらにスポーティーなモデルのために作られたのが、ジョンクーパーワークスというグレードである。

「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」が発売されたのは、2017年1月のこと。「3ドア」「コンバーチブル」に続く、現行シリーズでは3番目の“JCW”モデルとして導入された。
「MINIジョンクーパーワークス クラブマン」が発売されたのは、2017年1月のこと。「3ドア」「コンバーチブル」に続く、現行シリーズでは3番目の“JCW”モデルとして導入された。拡大
クルマの内外には「John Cooper Works」のバッジが合計16個備わる。写真はサイドスカットルのもの。
クルマの内外には「John Cooper Works」のバッジが合計16個備わる。写真はサイドスカットルのもの。拡大
「ジョンクーパーワークス クラブマン」には、専用チューニングが施されたスポーツサスペンションやエレクトロニックディファレンシャルロックコントロールダイナミックスタビリティーコントロールなどが搭載される。走行性能が強化されているが、乗り心地ははっきりと硬い。
「ジョンクーパーワークス クラブマン」には、専用チューニングが施されたスポーツサスペンションやエレクトロニックディファレンシャルロックコントロール、ダイナミックスタビリティーコントロールなどが搭載される。走行性能が強化されているが、乗り心地ははっきりと硬い。拡大
注目の記事PR
  • この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始!
    この黒こげのクルマの残骸は一体!? 危険・過激・おバカな自動車バラエティー配信開始! Amazonプライム・ビデオ
  • これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。
    これぞ純正カスタマイズの妙味。ホンダアクセスが手がけた「シビックハッチバック」をチェック。 ホンダアクセス
注目の記事一覧へ

全MINIの中でも屈指の高額モデル

ジョンクーパーワークスを名乗るモデルはクラブマンのほかに「3ドア」「コンバーチブル」、そして最近追加された「クロスオーバー」があり、いずれも直列4気筒2リッターツインパワーターボエンジンを搭載する。ツインの名が付いているが、タービンが2つあるわけではない。直噴と可変の技術が使われているという意味だという。少々わかりにくいが、とにかく231psというありあまるパワーを発揮する。

1959年に経済的なミニマムカーとして登場したMINIだったが、人気モデルとなってバリエーションを増やしていった。多くの荷物を積むことのできる「トラベラー」「カントリーマン」というエステートモデルが作られ、近代的な意匠のクラブマンに引き継がれたのだ。

新世代MINIでは、2代目モデルで2007年にクラブマンが追加されている。右側だけに小さなリアドアを持つ変則的なスタイルだったが、3代目では左右に通常方向に開くリアドアを備えるようになった。リアに観音開きの2ドアがあるから、6ドアモデルである。全長は先代の3980mmから4270mmに伸ばされており、堂々たるサイズのステーションワゴンとなった。小さいサイズのMINIにも5ドアモデルがあるが、荷室容量は278リッター。360リッターのクラブマンには大きなアドバンテージがある。

クラブマンにはガソリン車5種、ディーゼル車2種があり、ジョンクーパーワークスは最強のエンジンが与えられる上にALL4と呼ばれる四輪駆動システムを搭載している。MINIラインナップ中、最高価格の座は556万円の「ジョンクーパーワークス クロスオーバー」に譲ったが、510万円というのは230万円の「MINI ONE」からすればクラス違いだ。

インテリアもレーシーな仕立て。「John Cooper Works」のロゴが入ったシフトパドル付きスポーツステアリングや、表面にステンレス仕上げが施されたペダルが標準装備される。
インテリアもレーシーな仕立て。「John Cooper Works」のロゴが入ったシフトパドル付きスポーツステアリングや、表面にステンレス仕上げが施されたペダルが標準装備される。拡大
ダイナミカレザーコンビネーションスポーツシートは、ホールド性の高さが特筆もの。シートバックには「John Cooper Works」のロゴが配される。
ダイナミカレザーコンビネーションスポーツシートは、ホールド性の高さが特筆もの。シートバックには「John Cooper Works」のロゴが配される。拡大
ワゴンボディーの恩恵により、後席にも十分な室内空間がもたらされるが、乗り心地は前席と同じように硬い。
ワゴンボディーの恩恵により、後席にも十分な室内空間がもたらされるが、乗り心地は前席と同じように硬い。拡大
タイヤはランフラットタイプの「ピレリPゼロ」で、サイズは225/35R19。ホイールにも「ジョンクーパーワークス」専用デザインが採用されている。
タイヤはランフラットタイプの「ピレリPゼロ」で、サイズは225/35R19。ホイールにも「ジョンクーパーワークス」専用デザインが採用されている。拡大

SPORTモードでレスポンス向上

内外装は価格に見合うゴージャスな仕立てである。スポーティーなデザインのバンパーなど、エアロダイナミック・キットが装備され、専用デザインの19インチアロイホイールが標準だ。内装では赤のステッチを施されたダイナミカレザーコンビネーションスポーツシートが採用された。

試乗のために箱根を目指すと、まずは首都高速3号線を通ることになる。目地段差が連続することで知られる道であり、早速荒々しい洗礼を受けることになった。リズミカルに腰への衝撃がやってくる。収まりがいいから不快感は少ないのだが、長く乗っているとダメージが蓄積しそうだ。

シフトセレクターを囲むように設けられているリングで、「SPORT」「MID」「GREEN」という3つの走行モードを切り替えることができる。ダンピングコントロールと連動しているので、GREENかMIDを選べばSPORTモードよりは柔らかい設定になるらしい。ただ、目に見えて快適になったかというと、そうでもなかった。ジョンクーパーワークスは、際立ったゴーカートフィーリングを楽しむためのモデルなのである。

SPORTモードでは、エンジンも戦闘態勢に入る。320Nmの最大トルクが350Nmまで高められるのだ。不穏な音を奏でるようになり、明らかにレスポンスが向上する。追い越し車線に出ると、前を行くクルマに道を譲られることが多かった。フロントグリルの下方の赤いラインを見て、ハイパフォーマンスモデルだと気づいたのだろう。

ドライバーの正面には大きな円形のスピードメーターがある。回転計は左脇の三日月型なので少々見にくい。この問題は、ヘッドアップディスプレイ(HUD)を活用することで解決する。設定によって目の前に直感的な表示を出現させることができるのだ。ただ、HUDの角度が合っていないと見るのに苦労する。調整のボタンを探したが、見当たらない。インフォテインメントシステムを使って操作しなければならないのだ。メニュー→車両設定→システム設定→ディスプレイ→ヘッドアップディスプレイ→高さと、6段階の操作でようやく調整が可能になる。

フロントグリルを横断する赤のラインがスポーティーさを強調する。エアロパーツも専用デザインのものを装備する。
フロントグリルを横断する赤のラインがスポーティーさを強調する。エアロパーツも専用デザインのものを装備する。拡大
試乗車のボディーカラーは、「ジョンクーパーワークス」専用色の「レベルグリーン」。このほか「チリレッド」など、全10色が設定される。
試乗車のボディーカラーは、「ジョンクーパーワークス」専用色の「レベルグリーン」。このほか「チリレッド」など、全10色が設定される。拡大
走行モードの切り替えは、シフトレバーの根元に備わるリングで行う。左に回すと「SPORT」が、右に回すと燃費を重視した「GREEN」が選択される。
走行モードの切り替えは、シフトレバーの根元に備わるリングで行う。左に回すと「SPORT」が、右に回すと燃費を重視した「GREEN」が選択される。拡大
ヘッドアップディスプレイは、セットオプションの「INTERIORパッケージ」に含まれている。写真のように速度計と回転計を表示させたり、ナビの情報を表示させたりできる。
ヘッドアップディスプレイは、セットオプションの「INTERIORパッケージ」に含まれている。写真のように速度計と回転計を表示させたり、ナビの情報を表示させたりできる。拡大

高速道路でも山道でも使えるACC

目地段差の少ない、普通の高速道路では乗り心地の悪さも解消する。フラットな路面をハイスピードで走るのは得意分野だ。ただし、クラブマンは観音開きのリアドアの桟のせいで、後方視界が悪いことを忘れてはいけない。覆面パトカーや白バイを気にしなければならないような走りはもちろんNGである。

巡航時には、走行モードをGREENに設定し、アダプティブクルーズコントロール(ACC)をオンにして走ればいい。自動で加速する際のレスポンスがいいので、ストレスなくおまかせ走行ができる。8段ATが滑らかな変速で快適なドライブをサポートしてくれるのだ。ワインディングロードに入ったらSPORTを選ぶ。タイトなコーナーでもほとんどロールを感じることなく、活発な走りを楽しめる。8段ATは、スポーツ走行でもいい仕事をしていた。

交通量が多くなってくると、山道でもクルマが連なってアヒル走行になってしまう。おとなしく後をついていくしかないのだが、ACCを試してみたら問題なく機能した。さすがに任せきりにするのは不安だが、十分に実用になるレベルである。

クラブマンは、5人乗車でも余裕のある荷室スペースが確保された実用的なモデルである。観音開きのバックドアは使い勝手がよく、危険のないように2段階で開く設定になっているところなどは配慮が行き届いている。だからといって、ファミリーカーとしても使えるとはいいにくい。その乗り心地の悪さゆえ、後席の乗員に受け入れてもらえない可能性がある。クラブマンには、もっと家族に優しいグレードも用意されている。ジョンクーパーワークスは、ドライバーファーストの思想が貫かれたモデルだということを忘れてはいけない。

(文=鈴木真人/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

乗り心地を犠牲にすることで、高いコーナリング性能を手にした「ジョンクーパーワークス クラブマン」。
乗り心地を犠牲にすることで、高いコーナリング性能を手にした「ジョンクーパーワークス クラブマン」。拡大
ステアリングホイールにはアダプティブクルーズコントロールの操作ボタンが備わる。
ステアリングホイールにはアダプティブクルーズコントロールの操作ボタンが備わる。拡大
荷室の容量は標準で360リッター。リアシートの背もたれを倒すことで1250リッターまで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)
荷室の容量は標準で360リッター。リアシートの背もたれを倒すことで1250リッターまで拡大できる。(写真をクリックすると荷室のアレンジが見られます)拡大

テスト車のデータ

MINIジョンクーパーワークス クラブマン

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4270×1800×1470mm
ホイールベース:2670mm
車重:1550kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:231ps(170kW)/5000rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1750-2750rpm
タイヤ:(前)225/35R19 88Y XL/(後)225/35R19 88Y XL(ピレリPゼロ)※ランフラットタイヤ
燃費:14.2km/リッター(JC08モード)
価格:510万円/テスト車=575万9000円
オプション装備:ボディーカラー:レベルグリーン(11万6000円)/ダイナミカレザーコンビネーション(0円)/INTERIORパッケージ(15万円)/ランフラットタイヤ(0円)/アラームシステム(5万5000円)/ブラックルーフ&ミラーキャップ(0円)/MINI Yoursインテリアスタイル:ファイバーアロイイルミネーテッド(4万3000円)/ドライビングアシストアダクティブクルーズコントロール(6万円)/アダプティブLEDヘッドライト(2万5000円)/パーキングアシストパッケージ(5万5000円)/ハーマンカードン製HiFiラウドスピーカーシステム(12万3000円)/ブラックスポーツストライプ(3万2000円)

テスト車の年式:2017年型
テスト車の走行距離:1871km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:343.2km
使用燃料:40.3リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:8.5km/リッター(満タン法)/8.6km/リッター(車載燃費計計測値)

MINIジョンクーパーワークス クラブマン
MINIジョンクーパーワークス クラブマン拡大
 
MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大

関連キーワード:
MINIクラブマンMINI試乗記

あなたにおすすめの記事