第127回:海でも陸でも“楽しいトヨタ”へ 〜「トヨタ・ワクドキ体験会」から

2011.09.22 エッセイ

第127回:海でも陸でも“楽しいトヨタ”へ 〜「トヨタ・ワクドキ体験会」から

トヨタ自動車が、プレス向けに「ワクドキ体験会」なる一風変わった試乗会を開催した。そこで見られた、最新の“楽しいトヨタ”とは……?

「ワクドキ体験会」会場には、極めてレアなスーパースポーツカー「レクサスLFA」が複数台並べられた。
「ワクドキ体験会」会場には、極めてレアなスーパースポーツカー「レクサスLFA」が複数台並べられた。

第127回:海でも陸でも“楽しいトヨタ”へ 〜「トヨタ・ワクドキ体験会」からの画像

第127回:海でも陸でも“楽しいトヨタ”へ 〜「トヨタ・ワクドキ体験会」からの画像

純粋な楽しみのために

「KAIZENやGENCHI GENBUTSUの次には、WAKU DOKIを国際語にしたい」。

9月上旬に横浜で開催されたジャーナリスト向けの「トヨタ・ワクドキ体験会」の開催にあたり、トヨタ自動車広報部の担当者が述べたのが、上記の言葉。ワクドキの内容は、さまざまな乗りもので楽しい機会を提供したいというもので、今回は、新型ボートとスーパースポーツカーが用意された。

トヨタ自動車(以下トヨタ)が、このところ掲げるスローガンが「モビリティを通して豊かな社会を」。意訳すれば、乗りものの目的を移動の手段と限定せずに、たんに楽しみのために乗るのでもいい、むしろそこに価値を見出してもらいたい。そんなコンセプトで、現在のトヨタの製品ラインナップから、トヨタの言葉を借りれば、最新の「ワクドキ」を与えてくれるものを、ジャーナリストに紹介してくれた。

最新の「ワクドキ」とは下記の内容だった。プレジャーボートの新商品「PONAM(ポーナム)-35」。560psのスーパースポーツカー「レクサスLFA」。そして、「GAZOO Racing」(クルマの楽しさや夢を広げるためのトヨタの取り組み)からリリースされる、トヨタ車ベースのコンプリートカーやコンセプトカー。なかでも、ボートとスーパースポーツは、試乗の機会が与えられた。マリーナと高速道路をともに持つ横浜での試乗会は、トヨタの「今」を体験するのにいい機会だったのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ