クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)

あと100万円払えるのなら 2017.06.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。

まずは流麗なプロポーションに感心

奇数の名称が与えられたアウディの作品――。それは、古くからの偶数名称の基幹モデルに対して、それらとは一線を画した、既成概念にとらわれない新たなキャラクターを求めた存在。

「あれ? だったら自ら“♯型破る”とキャッチフレーズを掲げる、最新の『Q2』はどうなるの!?」という声も聞こえてきそう。実はこのブランド、昨今はニューモデルめじろ押しで“名前の取り合い”が激しく、もはや思い通りのネーミングが使えなくなりつつある……などという内部事情も聞こえてくるのだ。

そんな話題は別として、基本的には“奇数名称”のアウディ車が、新たな価値の創造を目指して開発されてきたのは間違いない事柄。

ということで、「2ドアクーペ」に、そこから派生した「カブリオレ」、そしてファストバックプロポーションの「4ドアクーペ」という3つのボディーで構成される「A5」シリーズも、やはり以前からのラインナップに新風を送り込むべく生み出された、アウディラインナップの中にあっては若いキャラクターの持ち主だ。

ここに取り上げるのは、そんなシリーズ中からアウディの流儀でスポーツバックなる愛称が与えられた、大型のハッチゲートを備えた4ドアモデル。そう、先に4ドアクーペと紹介したのは、“5ドアハッチ”とも言い換えることができるこのボディーのこと。

とはいえ、ルーフラインがなだらかな下降線を描きつつ、ほとんど段差のないテールエンドへと収斂(しゅうれん)されるさまは、やはりクーペそのもののシルエット。まずはそんな見事に流麗なプロポーションに、骨格のベースとなったA4セダンとは異なる価値が見いだせる。

新型「アウディA5」シリーズは、2017年4月に日本市場への導入が発表された。今回の試乗車は、リアに向かってなだらかに下るルーフラインが特徴的な「スポーツバック」。従来型ではA5シリーズの販売台数の8割を占めていたという。
新型「アウディA5」シリーズは、2017年4月に日本市場への導入が発表された。今回の試乗車は、リアに向かってなだらかに下るルーフラインが特徴的な「スポーツバック」。従来型ではA5シリーズの販売台数の8割を占めていたという。拡大
試乗車はオプションの「S lineパッケージ」を装着していた。専用デザインのフロントバンパーやアルミホイールなど、内外装をスポーティーに彩る装備が追加される。
試乗車はオプションの「S lineパッケージ」を装着していた。専用デザインのフロントバンパーやアルミホイールなど、内外装をスポーティーに彩る装備が追加される。拡大
よりワイドになったシングルフレームグリルは新型の特徴のひとつ。マトリクスLEDヘッドランプは「S lineパッケージ」に含まれるオプション装備。対向車や前走車をカメラで検知し、ハイ/ロービームを自動でコントロールする。
よりワイドになったシングルフレームグリルは新型の特徴のひとつ。マトリクスLEDヘッドランプは「S lineパッケージ」に含まれるオプション装備。対向車や前走車をカメラで検知し、ハイ/ロービームを自動でコントロールする。拡大

気になる後席の使い勝手は?

リアドアを持たず開口見切り線が少ないゆえ、サイドビューのすっきりとスリークな印象では2ドアクーペに分がある。一方で、後席乗降時の利便性、フロントドア長が抑えられたことで狭いスペースでの前席乗降性など、日常シーンでの実用性は明確に上回るのが、こちらスポーツバックの特徴でもある。

もっとも、いざ購入を検討という場面では、2ドアクーペと比べるのはまれで、むしろ気になるのは「A4セダン」でもあるはず。

ということで比較対象をそちらに移すと、やはり明らかな差を実感するのは主に後席の使い勝手だ。

フロントパッセンジャーの頭上部分を頂点に、そこから下降を続けるルーフラインを避けるため、リアドア開口部の天地寸法に制約を受けてしまうのは、こうしたプロポーションのボディーの宿命。加えて、全幅に対してキャビン幅が小さめで、それゆえにシート位置も車両センターに寄せられるため、セダンに比べれば乗降時にどうしても“アクロバティック”な姿勢を要求されるのがこちらスポーツバックでもある。

一方で、ボディーサイズの割にニースペースがタイトという印象を受けるものの、ヘッドスペースにはそれなりの余裕があり、ひとたび乗り込んでしまえば大人が長時間を過ごすことにさほどの無理はない。

いずれにしても、「そのパッケージングは“2+2シーター”に近く、頻繁に後席を使用する可能性があるならばオススメなのはA4セダン」という、予想通りの帰結となった。

ちなみに、やはりルーフラインの影響で高さ方向に制約はあるものの、ラゲッジスペースは意外なほどに使いやすいデザイン。水平に近い角度で設置されたテールゲートが大きく開くことで、ラゲッジフロア上に“荷物を真上から出し入れしやすい”というのがその理由だ。

インテリアには水平基調のデザインを採用。ダッシュボード前面やシフトセレクター周辺は「S lineパッケージ」に含まれるブラッシュトアルミニウムのパネルで飾られる。
インテリアには水平基調のデザインを採用。ダッシュボード前面やシフトセレクター周辺は「S lineパッケージ」に含まれるブラッシュトアルミニウムのパネルで飾られる。拡大
シフトセレクターは全高10cmほどの背の低い仕様。レバーの前に備わるインフォテインメントシステムのコントローラーを操作する際に、パームレストとして使用できる。
シフトセレクターは全高10cmほどの背の低い仕様。レバーの前に備わるインフォテインメントシステムのコントローラーを操作する際に、パームレストとして使用できる。拡大
メーターパネルがフル液晶表示となる「バーチャルコックピット」は7万円のオプション。写真はマップではなく、航空写真のGoogleアースを表示させたところ。
メーターパネルがフル液晶表示となる「バーチャルコックピット」は7万円のオプション。写真はマップではなく、航空写真のGoogleアースを表示させたところ。拡大
エアコンの操作ボタンの下には、ドライブモードの切り替えスイッチや、アイドリングストップのオン/オフスイッチが備わる。
エアコンの操作ボタンの下には、ドライブモードの切り替えスイッチや、アイドリングストップのオン/オフスイッチが備わる。拡大

試乗車はオプション満載のゴージャス仕様

いまだディーゼルモデルの導入が実現せず、メルセデスやBMW、あるいは昨今のボルボなどのライバルブランドが築き上げた、輸入ディーゼル車のブームに加わることができないでいる日本でのアウディ。フルモデルチェンジを受けて販売が開始された新型A5シリーズも、残念ながらその例外ではない。

独立した車名が与えられるものの、事実上はシリーズの頂点に位置する3リッターのV型6気筒ターボガソリンエンジンを搭載する「S5」を別格と考えると、一部チューニングが異なるとはいえその他のモデルに積まれる心臓が、すべて2リッターの4気筒ターボガソリンエンジンに限定されるというのは、ちょっと寂しいところ。

海外での試乗機会を通じてその高い実力を知るゆえ、あらためてディーゼルモデルの導入も熱望しつつ、今回テストドライブしたのは、前述の2リッターエンジンの中にあっても“ハイパワー版”と位置付けられる、最高252psを発するエンジンを、7段DCTとの組み合わせで搭載した「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」だ。

そんなグレード名からも明らかなように、4WDシャシーを用いるこのモデルは、スポーツシートやスポーツサスペンションなどを標準で採用した、シリーズ中でもスポーティーなキャラクターを強調する一台。

今回の個体は専用デザインのボディーキットやブラックのヘッドライニング、マトリクスLEDヘッドライトやLEDリアコンビネーションランプなどからなる「S lineパッケージ」、さらに「セーフティーパッケージ」や、前出スポーツサスペンションに代えての受注生産扱いとなる「ダンピングコントロール付きスポーツサスペンション」などもオプション装着したゴージャス仕様。

結果、そのトータル価格は811万5000円と、本体価格である686万円から跳ね上がることになっていた。

試乗車のボディーカラーは、有償色の「マタドールレッド」。これを含めて全11色が設定される。
試乗車のボディーカラーは、有償色の「マタドールレッド」。これを含めて全11色が設定される。拡大
「S5」を除いた「A5」ファミリーは、すべて2リッター直4ターボエンジンを搭載する。試乗した「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」は、その中で最もパワフルな最高出力252ps、最大トルク370Nmの仕様。
「S5」を除いた「A5」ファミリーは、すべて2リッター直4ターボエンジンを搭載する。試乗した「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」は、その中で最もパワフルな最高出力252ps、最大トルク370Nmの仕様。拡大
試乗車のシートは、「S lineパッケージ」に含まれるスプリントクロスとレザーのコンビシート。
試乗車のシートは、「S lineパッケージ」に含まれるスプリントクロスとレザーのコンビシート。拡大
「スポーツバック」のリアシートは3人掛け仕様。十分なヘッドスペースが確保されており、大人でも無理なく長時間を過ごすことができる。
「スポーツバック」のリアシートは3人掛け仕様。十分なヘッドスペースが確保されており、大人でも無理なく長時間を過ごすことができる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

十分な動力性能を備えているが……

前述の4WDシャシーに加えて、多くのオプションを含めた大量の装備群を備えることを考えれば、1.6tそこそこという車両重量は「意外に軽い」と評するべきか。いずれにしても、そこに最高出力252psと、1600rpmにして370Nmの最大トルクを発する心臓を組み合わせるのだから、基本的な動力性能はそうしたスペックから察することができる通り、十二分な活発さだ。

ただし、そうした絶対的な加速力とは別にちょっと気になったのは、アクセル操作に対する期待値と、実際の加速がややリニアさに欠ける印象を受けたこと。“ドライブセレクト”によって選択する走行モードに関わらず、時に加速力が期待値に及ばず、だからとペダルを踏み増すと次の瞬間に思わぬ加速力が発生してしまう……と、極端にいえばそんな印象だ。

リニアさに欠ける、といえばステアリングフィールにも同様の傾向を感じないこともない。路面とのコンタクト感はやや希薄で、パワーアシスト感も少々人工的。こちらでも、「もうちょっとリニアリティーが高まってくれれば」と、そうした印象を受けることになってしまったのだ。

タイヤ転動時のゴロゴロ感が強めで、50km/h付近をピークとした空洞音も大きめ。巨大なテールゲートが“太鼓効果”をもたらすのか、時に路面の凹凸を拾ってのドラミング風低周波ノイズも耳に感じる……と、同じメカニカルコンポーネンツを用いるA4セダンに対して、なぜかノイズ面でもビハインドを感じてしまった、というのも正直なところ。

ひょっとして、このモデルとは“馬が合わなかった”のか……などと考えていると、先日、本国ドイツでテストドライブを経験したS5では、こまごまと述べてきた上記のようなネガは、まったく気にならなかったことを思い出した。

はるかに強力な心臓を積むので、より速いのは当然。それよりも走りの質感すべてが明確により上質で、かつリニアリティーに富んだものだったのだ。

う~ん、もしかして今回は“担当”を間違ってしまったか!?

「コレ」に800万円超を用意するなら、あと100万円を頑張ってS5を検討することをオススメします……。

(文=河村康彦/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

一部グレードを除いて、新型「A5」シリーズには渋滞時運転支援システムの「トラフィックジャムアシスト」が標準装備される。前走車への追従と車線維持を自動で行うほか、車速が65km/h以下のときには、発進と停止も自動化される。
一部グレードを除いて、新型「A5」シリーズには渋滞時運転支援システムの「トラフィックジャムアシスト」が標準装備される。前走車への追従と車線維持を自動で行うほか、車速が65km/h以下のときには、発進と停止も自動化される。拡大
試乗車に装着されていたタイヤは「ピレリ・チントゥラートP7」で、サイズは245/40R18。
試乗車に装着されていたタイヤは「ピレリ・チントゥラートP7」で、サイズは245/40R18。拡大
荷室の容量は480リッター。40:20:40の分割可倒機構を持つリアシートを倒すことで、容量を拡大できる。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
荷室の容量は480リッター。40:20:40の分割可倒機構を持つリアシートを倒すことで、容量を拡大できる。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)拡大

テスト車のデータ

アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4750×1845×1390mm
ホイールベース:2825mm
車重:1610kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:252ps(185kW)/5000-6000rpm
最大トルク:370Nm(37.7kgm)/1600-4500rpm
タイヤ:(前)245/40R18 93Y/(後)245/40R18 93Y(ピレリ・チントゥラートP7)
燃費:16.5km/リッター(JC08モード)
価格:686万円/テスト車=811万5000円
オプション装備:オプションカラー<マタドールレッド>(8万5000円)/セーフティーパッケージ<サイドアシスト+プレセンスリア+パークアシスト+サラウンドビューカメラ+コントロールコード+リアサイドエアバッグ>(21万円)/S lineパッケージ<S lineバンパー+ドアシルトリムS lineロゴ+S lineエクステリアロゴ+ヘッドライニングブラック+デコラティブパネルマット ブラッシュトアルミニウム+アルミホイール 5ツインスポークスターデザイン8.5J×18+スプリントクロス・レザーS lineロゴ+マトリックスLEDヘッドライト+LEDリアコンビネーションライト+ヘッドライトウオッシャー+コントロールコード>(44万円)/ダンピングコントロール付きスポーツサスペンション(14万円)/バーチャルコックピット(7万円)/Bang & Olufsen 3D アドバンストサラウンドシステム(17万円)/ヘッドアップディスプレイ(14万円)

テスト車の年式:2017年型
テスト車の走行距離:2987km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:290.0km
使用燃料:26.7リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:10.8km/リッター(満タン法)/10.6km/リッター(車載燃費計計測値)

アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ
アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ拡大
 
アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】の画像拡大

関連キーワード:
A5スポーツバックアウディ試乗記

あなたにおすすめの記事