谷口信輝の新車試乗――トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(後編)

2017.06.08 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「トヨタ・プリウスPHV」に試乗する。エコ性能もさることながら、足まわりの動きが気持ちよくて抜群にいいと絶賛の谷口。ずばり、“特別なプリウス”はオススメか?

 
谷口信輝の新車試乗――トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(後編)の画像拡大

足の動きが抜群にいい

いつものワインディングロードでプリウスPHVの試乗を終えた谷口信輝。果たして、その印象はどのようなものだったのか?
「ナビとかエアコンとかは、センターコンソールのところについている大きなディスプレイで操作するんですよね。あれはちょっと、どうかなと思いました」

普通の「プリウス」になくてプリウスPHVのみに装備される11.6インチ大型ディスプレイは、その大画面を生かして複数の情報を一度に表示できるといったメリットがあるものの、フラットなタッチスクリーンゆえにブラインドタッチは難しく、操作するには視線を路面から画面上に移す必要がある。しかも、ダッシュボードの奥にスピードメーターなどがある関係で、大型ディスプレイの位置は微妙に低め。おかげで視線移動が小さくなく、このためドライバーにはちょっと扱いづらいと谷口は感じたようだ。なるほど、似たようなコンセプトを採用するボルボの「XC90」のほうがディスプレイの位置は高めで、プリウスPHVに比べると使いやすいといえるかもしれない。

もっとも、これはドライビングとは直接、関係のない話。プリウスPHVで箱根を走って、谷口はなにを感じたのだろうか?
「乗り味的には、タイヤの絶対的なグリップレベルは決して高くないけれど、足の動きは気持ちよくて抜群にいいですね。僕が乗っているプリウスはタイヤとかサスペンションとか少し変えているから直接的には比較できませんが、おそらく普通のプリウスと比べてもプリウスPHVのほうが足はずっといいはずですよ」(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
プリウスPHVトヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る