第45回:スターの幸福感

2017.06.13 カーマニア人間国宝への道

スーパーカーは公道を走ってナンボ

「もはや速さには何のロマンもない!」と見限り、巨乳を捨ててステキなCカップ「フェラーリ328GTS」へと走った私だったが、「俺はまだまだ誰よりも速いクルマが欲しい!」という方もおられよう。サーキットもあるし。

私とて、たまに自分のフェラーリでサーキットを走ってきたが、サーキット専用ってんじゃつまんないんだよね。サーキットは、自分のクルマをより深く知りたいから、確認のために何度か走る感じでした。

マンガ『サーキットの狼』を見ても、一番盛り上がったのは公道グランプリのあたり。最後に風吹裕矢がF1ドライバーになった頃には、スーパーカーブームも終わっちゃった。

私は、スーパーカーは公道を走ってナンボではないかと思うのです。なぜって、スターには観客が必要だから。スターだけの世界にいたら、スターやってて面白いだろうか? キャーキャー言われるからスターになりたいんじゃないか?

非日常的なスターが、大衆の海を超然と走る。だからステキなのではないか!? そのためには、スターはCカップでなくてはならない!

まぁ近年は、誰もフェラーリにキャーキャー言ってくれませんが。

「328GTS」の成約を記念し、コーナーストーンズの榎本社長とヨロコビのポーズをキメる筆者(左)。胸にはなぜか「無欲」の文字。
「328GTS」の成約を記念し、コーナーストーンズの榎本社長とヨロコビのポーズをキメる筆者(左)。胸にはなぜか「無欲」の文字。
「458イタリア」でサーキット走行中の図。
「458イタリア」でサーキット走行中の図。
マンガ『サーキットの狼』の作者、池沢早人師先生と久しぶりに再会。
マンガ『サーキットの狼』の作者、池沢早人師先生と久しぶりに再会。
フェラーリを手放して7年になるという池沢先生。ハンドルを握ると、「やっぱりフェラーリは楽しいね。青春って感じだね」と喜んでくれた。
フェラーリを手放して7年になるという池沢先生。ハンドルを握ると、「やっぱりフェラーリは楽しいね。青春って感じだね」と喜んでくれた。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
ホームへ戻る