スバル、米国市場向けにSTIチューニングマシン2車種を投入

2017.06.09 自動車ニュース
「スバルWRX STIタイプRA」
「スバルWRX STIタイプRA」

スバルは2017年6月9日、米国市場向けのハイパフォーマンスカー「WRX STIタイプRA」と「BRZ tS」を発表した。どちらも500台限定で、2018年初頭に販売を開始する。

「スバルBRZ tS」
「スバルBRZ tS」

STIブランドの強化を図る

今回のWRX STIタイプRAとBRZ tSは、スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)と共同開発したもの。スバルは中期経営ビジョンの商品戦略においてSTIブランドの活用拡大を掲げており、今回投入する2車種で、スバルにとっての最大市場である米国でのSTIブランドの強化を図る。

WRX STIタイプRAについては、「WRX STI」をベースに、カーボン製ルーフやリアスポイラーなどの採用で軽量化するとともに、2.5リッター水平対向4気筒ターボエンジンの出力を向上(305hp→310hp)させた。

一方のBRZ tSは、車両の応答性能を高めるフレキシブルV型バーやドロースティフナーの採用により、シャシー性能を向上させている。

また、両モデルに、走りへの期待感や所有する喜びを感じさせる専用の内外装を採用したという。

WRX STIタイプRA (米国仕様)の主要装備は以下の通り。

【メカニズム】

  • 専用ECU
  • 強化型ピストン
  • 専用吸気ダクト&エアクリーナー
  • 専用パフォーマンスマフラー&エキゾーストパイプ
  • BBS製軽量19インチ鍛造アルミホイール(ゴールド)
  • 専用ビルシュタインダンパー&コイルスプリング
  • ブレンボ製フロント・モノブロック対向6ピストンブレーキキャリパー(シルバー塗装)&ドリルドディスクローター
  • ブレンボ製リア・モノブロック対向2ピストンブレーキキャリパー(シルバー塗装)&ドリルドディスクローター

【エクステリア】

  • 専用フロントグリル(チェリーレッドアクセント付き)
  • 専用フロントアンダースポイラー
  • STIエンブレム付きサイドガーニッシュ(ブラック)
  • ドライカーボンルーフ
  • ドライカーボンリアスポイラー
  • 専用リアバンパー(チェリーレッドアクセント、エアアウトレットグリル付き)
  • TYPE RAリアオーナメント
  • ドアミラー(ブラック)
  • シャークフィンアンテナ(ブラック)

【インテリア】

  • 専用ステアリングホイール(ウルトラスエード)
  • レカロ製バケットタイプフロントシート(STIロゴ型押し)
  • プッシュエンジンスタートスイッチ(レッド)
  • 専用シリアルナンバープレート

BRZ tS (米国仕様)の主要装備は以下の通り。

【メカニズム】

  • フレキシブルV型バー(エンジンコンパートメント)
  • フレキシブルドロースティフナー(フロントサスペンション)
  • 軽量18インチ鋳造アルミホイール(ブラック)
  • 専用215/40R18ハイパフォーマンスタイヤ(ミシュラン・パイロットスポーツ4)
  • 専用ザックスダンパー&コイルスプリング
  • ブレンボ製フロント対向4ピストンブレーキキャリパー(レッド塗装)
  • ブレンボ製リア対向2ピストンブレーキキャリパー(レッド塗装)

【エクステリア】

  • 専用フロントバンパー(チェリーレッドアクセント、専用メッシュカバー<フロントフォグランプ取り付け部>付き)
  • 専用フロントアンダースポイラー
  • ドアミラースカルキャップ(ブラック)
  • 専用サイドアンダースポイラー
  • 専用リアサイドアンダースポイラー
  • 専用リアバンパー(チェリーレッドアクセント付き)
  • ドライカーボンリアスポイラー
  • tSフロント/リアオーナメント
  • 専用SUBARU BRZリアオーナメント(ブラック)
  • シャークフィンアンテナ(ブラック)

【インテリア】

  • 専用ステアリングホイール(ブラック+レッド、レッドステッチ)
  • 専用スピードメーター(STIロゴ付き)
  • 専用アルカンターラ/本革フロントシート(ブラック+レッド、tSロゴ付き)
  • 専用シートベルト(レッド)
  • 専用ドアグリップ(レッド)
  • プッシュエンジンスタートスイッチ(レッド)

(webCG)

関連キーワード:
BRZWRX STIスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
ホームへ戻る