メルセデス・ベンツSLS AMGのオープン版、発売

2011.09.21 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツSLS AMG」のオープン版、発売

メルセデス・ベンツ日本は2011年9月21日、ハイパフォーマンス・オープンカー「SLS AMGロードスター」を発売した。顧客へのデリバリー開始は、2012年1月から。

「メルセデス・ベンツSLS AMG ロードスター」は、2010年6月に日本上陸を果たしたスーパースポーツ「SLS AMG」のオープンバージョン。2011年9月13日に開幕したフランクフルトモーターショーでお披露目されるや、早くも発売となった。

ロングノーズにショートデッキのボディーや、571ps/6800rpm、66.3kgm/4750rpmを発生する6.2リッターV8エンジン、車体後方に置かれる(トランスアクスル)デュアルクラッチ式の7段ATなど、基本的なメカニズムはクローズドボディのクーペに準拠する。
オープン化にともない特徴的なガルウイングはなくなるものの、ソフトトップのルーフはわずか11秒でフルオープンに。50km/hまでなら、走行中でも開閉操作ができる。

オープン化にともない車重は40kg(だけ)増加したとのことだが、実際のパフォーマンスはクーペと変わらず。0-100km/h加速は3.8秒。最高速度は、電子リミッターが作動する317km/hとなっている。
ルーフの開閉状況にかかわらず荷室の容量は173リッターを確保。クーペ(176リッター)とさほど変わらぬ点もセリングポイントだ。

価格は、クーペより100万円高の2590万円。左ハンドル仕様のみが用意される。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツSLS AMG ロードスター」
「メルセデス・ベンツSLS AMG」のオープン版、発売

「メルセデス・ベンツSLS AMG」のオープン版、発売

「メルセデス・ベンツSLS AMG」のオープン版、発売

「メルセデス・ベンツSLS AMG」のオープン版、発売

「メルセデス・ベンツSLS AMG」のオープン版、発売

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLSクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「Eクラス」初のAMGモデルが日本上陸 2016.10.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年10月6日、新型「Eクラス」のモデルラインナップに「メルセデスAMG E43 4MATIC」を追加設定し、注文受け付けを開始した。新型Eクラスとしては初のAMGモデルとなる。3リッターV6直噴ツインターボエンジンは、最高出力401ps、最大トルク53.0kgmを発生する。
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG C63 Sクーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.8.10 試乗記 500psオーバーの高出力を誇る、高性能クーペ「メルセデスAMG C63 Sクーペ」に試乗。高速道路やワインディングロードを走らせてみると、速さだけではない、このハイパフォーマンスカーならではの魅力が見えてきた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • メルセデスAMG GT S(FR/7AT)【試乗記】 2015.8.6 試乗記 メルセデスのスポーツモデルの最高峰「メルセデスAMG GT」に試乗した。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、アルミの骨格を持つGTの真骨頂は「軽さ」。足どりも軽やかな“ライトウェイトスーパーカー”に仕上がっていた。
ホームへ戻る