第506回:おもしろうてやがて悲しきビンテージスクーター

2017.06.16 マッキナ あらモーダ!

二輪車部門もあります

「ヴィラ・デステのコンクール・デレガンス」こと「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」は、現存する最古の自動車コンクールとして知られている。

イタリア・コモ湖畔を舞台とするこの伝統的イベント、2017年は5月26~28日に開催され、8クラスに分けられた計51台が審査の対象となった。

審査員が選ぶ「ベスト・オブ・ショー」および一般来場者人気投票による「BMWトロフィー」には、伝説の鬼才フランコ・スカリオーネがデザインした1957年「アルファ・ロメオ・ジュリエッタSSプロトーティポ(プロトタイプ)」が選ばれた。

このヴィラ・デステ、実は四輪車とは別にモーターサイクル、つまり二輪車部門も2011年から存在する。ヴィラ・デステに隣接し、四輪車の一般公開会場としても用いられるヴィラ・エルバが会場に充てられている。

2017年のリストに並んだ二輪車は40台で、4つのカテゴリーに分けられた。最古は「夢と冒険―― 1920~30年代 グレートな旅のモーターサイクル」のカテゴリーに出展された、フランスの1926年製「ジレ・トゥール・ドュ・モンド」347ccだ。一方、最も新しいモデルは「ヨーロッパ製フレーム―― 新しい衣装をまとった日本の4気筒」カテゴリーにエントリーした1979年製「ビッザリーニ・カワサキZ900」であった。そして最終日のベスト・オブ・ショーは、ジレと同じ部門に参加した1933年ドイツ生まれの「プフ250インディアン ライゼ」に贈られた。

「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2017」で。手前は「ベスト・オブ・ショー」を受賞した1957年「アルファ・ロメオ・ジュリエッタSSプロトーティポ」。
「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ2017」で。手前は「ベスト・オブ・ショー」を受賞した1957年「アルファ・ロメオ・ジュリエッタSSプロトーティポ」。
一般公開日における、二輪部門の授賞式の様子。
一般公開日における、二輪部門の授賞式の様子。
前夜祭において、BMWの二輪部門であるBMWモトラッドは、アーバンモビリティーのための電動スクーター「コンセプト リンク」を公開した。乗っているのはコンクール審査員のひとりで米国人二輪ジャーナリストのポール・ドルレアン氏。
前夜祭において、BMWの二輪部門であるBMWモトラッドは、アーバンモビリティーのための電動スクーター「コンセプト リンク」を公開した。乗っているのはコンクール審査員のひとりで米国人二輪ジャーナリストのポール・ドルレアン氏。
スクーター部門の展示ブースで見られた1946年「ジャンカ・ニッビオ」(イタリア)。べスパ誕生の4カ月後に生産がスタートしたスクーター。1951年まで造られた。ニッビオ(nibbio)とはイタリア語でトビ(鳥)のこと。
スクーター部門の展示ブースで見られた1946年「ジャンカ・ニッビオ」(イタリア)。べスパ誕生の4カ月後に生産がスタートしたスクーター。1951年まで造られた。ニッビオ(nibbio)とはイタリア語でトビ(鳥)のこと。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事