第421回:キーワードは“電化”と“自動運転”
「Honda Meeting 2017」でホンダの最新技術に触れた(後編)

2017.06.15 エディターから一言
高速道路における自動運転技術が搭載された試作車。ベース車は「ホンダ・レジェンド」である。
高速道路における自動運転技術が搭載された試作車。ベース車は「ホンダ・レジェンド」である。

前編)からの続き。
ホンダが、現在開発中の新技術をメディア向けに紹介する「Honda Meeting(ホンダミーティング)2017」を開催した。自動運転をはじめとした注目の新技術とともに、八郷隆弘社長が語ったホンダの未来像を紹介する。

専用のインターフェイスが搭載されたインストゥルメントパネルまわり。ドライバーに自動運転システムの作動状態を知らせる各種表示機能に加え、中央上段のカーナビ画面の付近には、ドライバーの状態を監視するカメラが追加されている。
専用のインターフェイスが搭載されたインストゥルメントパネルまわり。ドライバーに自動運転システムの作動状態を知らせる各種表示機能に加え、中央上段のカーナビ画面の付近には、ドライバーの状態を監視するカメラが追加されている。
自動運転システムはステアリングホイールのスポーク部分に備わるスイッチで操作する。起動するとインジケーターが青く点灯する。
自動運転システムはステアリングホイールのスポーク部分に備わるスイッチで操作する。起動するとインジケーターが青く点灯する。
センサーは高精度のカメラやミリ波レーダー、「LiDAR(ライダー)」と呼ばれる高精度のレーザーレーダーなどで構成される。
センサーは高精度のカメラやミリ波レーダー、「LiDAR(ライダー)」と呼ばれる高精度のレーザーレーダーなどで構成される。

間もなく実現する自動運転技術を試す

およそ1年半ぶりに開催されたホンダの技術イベント「ホンダミーティング2017」。前編では電動車両の技術を中心に紹介したが、後編となる今回は、自動運転を中心とした安全・安心技術を中心に紹介する。

今回のイベントでホンダが公開したのは、高速道路での自動運転を想定した実験車両と、一般道での自動運転を想定した実験車両の2種類だ。このうち、高速道路での自動運転を想定した実験車両は「ほぼこの構成で2020年に実用化する」(開発担当者)というもので、完成度は高い。

実験車両は「レジェンド」をベースにしたもので、高精度のGPS(全地球測位システム)アンテナや、高精度地図データ、各種センサーを搭載したものだ。特徴的なのは、センサー系をミリ波レーダー系とレーザーレーダー系の2系統に完全に分けたことで、仮にひとつの系統が故障したとしても、残りの系統で安全に停止できるように配慮している。

ひとつのセンサー系は1台の単眼カメラと5台のミリ波レーダー、もうひとつは1台の単眼カメラと5台のレーザーレーダーで構成されており、それぞれの系統に専用のECUが組み合わせられている。またブレーキ、電動パワーステアリング、電源系なども、それぞれ二重化されている。

あなたにおすすめの記事
新着記事