フォルクスワーゲン、「シャラン」に限定車「テックエディション」を設定

2017.06.13 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・シャランTSIコンフォートライン テックエディション」。ボディーカラーは「ディープブラックパールエフェクト」。
「フォルクスワーゲン・シャランTSIコンフォートライン テックエディション」。ボディーカラーは「ディープブラックパールエフェクト」。

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年6月13日、7人乗りミニバンの「シャラン」に特別仕様車「Tech Edition(テックエディション)」を設定し、150台の台数限定で販売を開始した。

こちらは「ピュアホワイト」のボディーカラーをまとった「シャランTSIコンフォートライン テックエディション」。
 
こちらは「ピュアホワイト」のボディーカラーをまとった「シャランTSIコンフォートライン テックエディション」。
	 

今回のテックエディションは、「TSIコンフォートライン」をベースに、安全装備や快適装備の充実が図られている。

ベースモデルに備わる全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロールとプリクラッシュブレーキシステム「フロントアシスト」に加えて、駐車支援システムの「パークアシスト」を標準装備とした。さらにオートハイトコントロール機能付きのバイキセノンヘッドライトやダイナミックコーナリングライト、シートヒーター、パワーテールゲートなどを追加している。純正インフォテインメントシステム「716SDCW」も備わる。

ボディーカラーは「ピュアホワイト」(限定80台)と「ディープブラックパールエフェクト」(同70台)の全2色が設定される。価格は432万9000円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る