【スペック】全長×全幅×全高=4930×1875×1465mm/ホイールベース=2910mm/車重=1790kg/駆動方式=4WD/2.8リッターV6 DOHC24バルブ(204ps/5250-6500rpm、28.6kgm/3000-5000rpm)/価格=610万円(テスト車=854万5000円)

アウディA6 2.8 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】

“上善如水”な仕上がり 2011.09.21 試乗記 アウディA6 2.8 FSIクワトロ(4WD/7AT)
……854万5000円

アウディのミドルクラスセダン「A6」には「2.8 FSIクワトロ」と「3.0 TFSIクワトロ」がある。価格はそれぞれ610万円と835万円。2.8のお値打ち感が目立つが、その実力やいかに?

さらっと履きこなす20インチ

試乗した個体が履いていた255/35R20のホイールとタイヤは、25万円のオプション装備だ(標準サイズは245/40R18)。「RS6」でも「S6」でもない、フツーの「A6」。自然吸気2.8リッターのエンジンに対してはずいぶん過剰なものに思えるけれど、わざわざインチアップしたことがハタ目にもよくわかる最低限のサイズがこれ、ということであろう。

先が思いやられたが、しかしイザ乗ってみたらどうということはなかった(首都高3号線のジョイント攻撃も受け続けたのに)。それどころか、ひょっとしてこのクルマはエアサスつきではないかと疑ったほどだった(もちろん、違った)。新型A6、少なくとも乗り心地的には、ニーゴーゴのサンゴーの20インチをサラッと履きこなしている。

ステアリング系の印象は相変わらずだった。車速や舵角(だかく)の変化にともなって、いろんな制御が入れ代わり立ち代わり顔を出してくるのと、常にフリクション(どこかで引っかかるというよりは常にコスれているような)がやや強めの感じ。前輪のセルフアライニングトルクの大きさと、その向きをジャマものなしに手で“見たい”人にとってはこれ、人工的すぎてあまりうれしくない。けれど、そうしたワザとらしさは先代比で確実に薄まっている。印象がマシになっている。

もっと言うと新型A6、パワステは電動アシストのタイプに一新されている。油圧から電動へのシステムの変更による印象の差、なんてものはほとんど気にする余地がなかった。ただただ順当に、マシになっていた(前のがちょっとナニすぎたともいえるけれど)。しかもニーゴーゴのサンゴーで。

レザーとウッドがおごられる高品質な室内。
レザーとウッドがおごられる高品質な室内。
テスト車にはオプションの265/35R20タイヤが装着されていた。標準サイズは245/45R18。
テスト車にはオプションの265/35R20タイヤが装着されていた。標準サイズは245/45R18。
【テスト車のオプション装備】
オプションカラー=8万5000円/プレセンスパッケージ=50万円/SEパッケージ=22万円/コンフォートシート=36万円/LEDヘッドライト=30万円/電動チルト式2ウェイガラスサンルーフ=21万円/10パラレルスポークデザインアルミホイール=25万円/ヘッドアップディスプレイ=21万円/ナイトビジョンシステム=31万円
【テスト車のオプション装備】
オプションカラー=8万5000円/プレセンスパッケージ=50万円/SEパッケージ=22万円/コンフォートシート=36万円/LEDヘッドライト=30万円/電動チルト式2ウェイガラスサンルーフ=21万円/10パラレルスポークデザインアルミホイール=25万円/ヘッドアップディスプレイ=21万円/ナイトビジョンシステム=31万円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る