Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

30代独身男子とダイソン 2017.06.23 CAR LIFE with Dyson <PR> webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。

クルマの用途は週末のドライブ程度

いきなりどうでもいい話で恐縮だが、記者は2000年式の初代ダッジ・バイパーなる珍車をマイカーとしている。どんなクルマかというと、漢(おとこ)にモテモテ、淑女には総スカンという、哀しいまでに時代錯誤なガチのマッスルカーである。

本特集を統括するwebCGマーケティング担当のSAGいわく、今回のリポーターのなかで独身男子はワタクシだけ。「世の独身男子のお手本になるようなリポートを期待していますよ」とのことだが、それにしちゃあ、ちょっと題材(クルマね)が特殊すぎやしませんか? だいたい“男・独り身”のオーナーって、意外とクルマを汚さないもんですよ?

などと持論を述べたところでムダである。一度決めたら、他人の意見に聞く耳を持たないのがこの男の持ち味。「掃除機が届くまで、いつも通りに乗っていてください。オーナーがガサツだから適当に汚れるでしょう」ときたもんだ。

仕方がないので、ホントにいつも通り、休みの日にぶらり奥多摩に出掛けることとした。記者が住まうのは、東京23区から爪はじきにされたベッドタウン・武蔵野。奥多摩あたりは日帰りドライブにちょうどいいのである。ついでに、以前「青梅の方にイイお店がある」と編集長に教えられたパン屋さんにも立ち寄ろう。圏央道から奥多摩へとアプローチする道中には、パン屋さんやらそば屋さんやら、立ち寄って損のないお店が点在しているのだ。

青梅市は柚木町、吉川英治記念館の近所に位置するそのお店は、織物工場を改修したという雰囲気のある建物が目印だった。木製の引き戸を開けて店内に入ったら、さっそくおいしそうなパンを物色。店内でもいただけるというが、今回は奥多摩湖まで行くつもりだったのでテイクアウトを所望した。店員さんがハンドドリップで入れてくれるコーヒーに関しては、わがバイパーにはドリンクホルダーがないので断念。こいつめ、買い換えてやろうか。

コーヒーのステキな香りに毟(むし)られるほど髪を引かれつつ、泣く泣くお店を退散。青梅街道を西へと走っていたところ、スマホのお天気アプリが不穏な予報を伝えてきた。雨である。

→Dyson 公式サイトへ
→価格.comで製品情報を見る

今回「Dyson V6 Car + Boat Extra」の“敵役”としてご登場願ったのは、わが相方の「ダッジ・バイパー」。8リッターV10エンジンを生んだクライスラーのスポーツカーである。(著者撮影)
今回「Dyson V6 Car + Boat Extra」の“敵役”としてご登場願ったのは、わが相方の「ダッジ・バイパー」。8リッターV10エンジンを生んだクライスラーのスポーツカーである。(著者撮影)
奥多摩へ向かう道中でうかがったパン屋さんの「noco BAKERY & CAFE」。雰囲気のある店舗は、もとは織物工場の建屋だったそうな。(著者撮影)
奥多摩へ向かう道中でうかがったパン屋さんの「noco BAKERY & CAFE」。雰囲気のある店舗は、もとは織物工場の建屋だったそうな。(著者撮影)
白を基調とした明るい店内。お店の名前が示すとおり、購入したパンや焼き菓子は、こちらでいただくこともできる。(著者撮影)
白を基調とした明るい店内。お店の名前が示すとおり、購入したパンや焼き菓子は、こちらでいただくこともできる。(著者撮影)
お店を切り盛りしていたのは、記者と同世代とおぼしきご夫婦だった。パンを焼くのは奥さん、コーヒーなどのドリンクを用意するのは旦那さんとのこと。(著者撮影)
お店を切り盛りしていたのは、記者と同世代とおぼしきご夫婦だった。パンを焼くのは奥さん、コーヒーなどのドリンクを用意するのは旦那さんとのこと。(著者撮影)
あなたにおすすめの記事
新着記事