BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表

2017.06.14 自動車ニュース
「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」
「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」

独BMWは2017年6月14日(現地時間)、同年冬に発売予定のニューモデル「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表した。

 
BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表の画像
 
BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表の画像
 
BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表の画像
 
BMWが新型車「6シリーズ グランツーリスモ」の概要を発表の画像

6シリーズ グランツーリスモは、欧州Eセグメントに属する大型の5ドアハッチバックモデルであり、既存の「5シリーズ グランツーリスモ」の後継に当たる。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=5091×1902×1538mmと、従来モデルより全長が87mm長くなっている反面、全高は21mm低められている。ルーフラインもよりフラットな形状に改められており、アクティブエアフラップ・コントロールやエアカーテン、エアブリーザー、可動式のリアスポイラーなどといった空力デバイスの採用とも相まって、Cd値(空気抵抗係数)を0.29から0.25に抑えることに成功したという。

パッケージングも大幅に改められており、特にラゲッジルーム容量については、5人乗車時で610リッター、後席をたたんだ状態で1800リッターの容量を確保。前者は110リッター、後者は100リッター、従来モデルより拡大している。

エンジンのラインナップは2リッター直4ガソリンターボ(最高出力258ps、最大トルク400Nm)と、3リッター直6ガソリンターボ(最高出力340ps、最大トルク450Nm)、3リッター直6ディーゼルターボ(最高出力265ps、最大トルク620Nm)の3種類。組み合わされるトランスミッションはいずれも8段ATで、2リッター直4ガソリンターボを除く2つのエンジン搭載車については、4WD車も選択可能となっている。

2017年9月に開催されるフランクフルトショーで世界初公開される予定で、同年11月には販売が開始されるという。

(webCG)
 

関連キーワード:
6シリーズ グランツーリスモBMWフランクフルトモーターショー2017モーターショー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(BMW その3) 2017.9.14 画像・写真 独BMWは2017年9月12日に開幕したフランクフルトショーで新型「M5」と「5シリーズ グランツーリスモ」の後継に当たる「6シリーズ グランツーリスモ」を初披露した。またBMWアルピナは新型「D5S」を初公開。展示車両を写真で紹介する。
  • BMW 640i xDriveグランツーリスモ Mスポーツ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.11.14 試乗記 「BMW 6シリーズ」のラインナップに加わった、5ドアハッチバック「6シリーズ グランツーリスモ」に試乗。高級セダンとクーペの長所を併せ持つという、その実力やいかに? ポルトガル・リスボンからの第一報。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • BMW G310GS(MR/6MT)【レビュー】 2017.12.23 試乗記 BMWの世界戦略を担う小排気量モデル「G310」シリーズ。その第2弾として、BMW得意のアドベンチャースタイルをまとう「G310GS」が登場した。圧巻のブランド力を誇る、“GS”という看板を背負った最新モデルのライドフィールを一言で表すと?
ホームへ戻る