インフィニティM35h、加速タイムで記録樹立

2011.09.21 自動車ニュース

「インフィニティM35h」がハイブリッド車の0-1/4マイル最速タイムを樹立

日産自動車の北米法人ニッサン・ノース・アメリカ(北米日産)は2011年9月20日、同社が北米市場で販売している「インフィニティM35h」(日本名「フーガハイブリッド」)が、0-1/4マイル(約400m)を13秒9031で走り、ハイブリッド車のギネス記録を樹立したと発表した。

■マニュアルモードよりオートマモードの方が速い

2011年8月23日に行われた0-1/4マイル(約400m)加速タイム計測のステージとなったのは、FIAのドラッグ競技などが行われるイギリスのサンタ・ポッド・レースウェイ。車両は市販モデルを使用し、ドライバーはイギリスの自動車雑誌『CAR Magazine』の編集者であるティム・ポーランド氏が務めた。タイムアタックは複数回行われ、その平均値である13秒9031がギネス公式タイムとして認定された。

ティム氏いわく、「トランスミッション(7AT)をマニュアルモードにし、手動変速も試みたが、結果的にオートマモードで走ったほうが速かった」とのこと。オートマモードでは13秒8960の最速タイムを記録している。

なお今回インフィニティM35hがマークした13秒9のタイムは、1982年の「ランボルギーニ・カウンタック」の記録に並ぶもの。さらに1998年に「BMW M3」がマークした13秒8や、2007年の「アストン・マーティン V8ヴァンテージ」による13秒6、「ポルシェ911カレラ」の13秒6に迫る(これらの記録は北米日産が『zerotosixtytimes.com』を参照したもの)。

インフィニティM35hは、3.5リッターV6エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載する。システム出力は360hp。燃費(北米複合モード)は、29mpg(12.3km/リッター)、CO2排出量は162g/kmを達成している。

(webCG 曽宮)

「インフィニティM35h」
「インフィニティM35h」

インフィニティM35h、加速タイムで記録樹立の画像

インフィニティM35h、加速タイムで記録樹立の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フーガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る