谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション(前編)

2017.06.15 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「ポルシェ・カイエン」のプラグインハイブリッド車「カイエンS E-ハイブリッド」に試乗する。電動化自動車に強い関心を抱いている谷口。“電気じかけのカイエン”は谷口の心に刺さったか?

 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション(前編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション(前編)の画像拡大

システム出力は400ps超のはずだが……

クルマ好きで知られる谷口信輝はポルシェ・カイエンのオーナーでもある。それも4.8リッターV8の自然吸気エンジンを積んだ、2代目前期型の「カイエンGTS」を所有しているのだ。

したがって谷口がカイエンの動力性能をかなり高い水準で捉えていたとしても不思議ではない。ダイナミックなパフォーマンスよりも優れた環境性能が売り物のカイエンS E-ハイブリッドにとっては、手ごわい相手にあたってしまったというべきだろう。

「うーん、やっぱり僕が持っているカイエンに比べると、パワーは小さくて、常用域で走らせていてもあまり逞(たくま)しいと感じることはありませんね。でも、カイエンS E-ハイブリッドは、たしかガソリンエンジンと電気モーターの性能を合わせたシステム出力では400psを超えているんですよね?」

さすが谷口、そんなことまで調べてきてくれたのか。そのとおり、カイエンS E-ハイブリッドに搭載されている3リッターV6ターボエンジンは最高出力333ps、最大トルク440Nmにとどまるが、これに95ps/310Nmのハイパワー・モーターを組み合わせることで、416psのシステム出力と590Nmのシステムトルクを得ている。最高出力だけでいえば3.6リッターV6ターボを積む「カイエンS」と互角で、最大トルクはフラッグシップの「カイエン ターボ」に次ぐ力強さなのだ。

「僕のGTSはぶっといトルクでグイグイ加速していく感じがするけれど、このカイエンS E-ハイブリッドは、あんまり急いで走るのは得意ではなさそうに思いました。まあ、僕が箱根のワインディングロードで走らせるっていうシチュエーションだから、そう感じてしまうのかもしれませんが……」(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「http://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
カイエンポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る