「レクサスCT」がマイナーチェンジ 内外装をリファイン

2017.06.15 自動車ニュース
「レクサスCT200h」(プロトタイプ)
「レクサスCT200h」(プロトタイプ)

トヨタ自動車は2017年6月15日、マイナーチェンジした「レクサスCT」のデザインを世界初公開した。

 
「レクサスCT」がマイナーチェンジ 内外装をリファインの画像
 
「レクサスCT」がマイナーチェンジ 内外装をリファインの画像
 
「レクサスCT」がマイナーチェンジ 内外装をリファインの画像

レクサスCTは、スポーティーなスタイルをもつプレミアムコンパクトモデルで、レクサスブランドで唯一のハイブリッド専用車。

今回のマイナーチェンジ版CTは、「レクサス独自のデザイン要素をさらに洗練させ、個性的なデザインを一層進化させ」たとアピールされる。

エクステリアには、新規造形のメッシュを持つスピンドルグリルや、ヘッドランプ上部に配置されたアローヘッド形状のクリアランスランプなどを採用。

インテリアは、シート表皮にオーナメントパネルとの一体感を感じさせるツートンカラーを採用したほか、ナビゲーションディスプレイを10.3インチに大型化し、利便性を向上させている。

また、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を新たに採用し、安全運転支援の強化を図った。

マイナーチェンジしたCTの日本での発売は、2017年秋頃となる予定。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る