「アストンマーティン・ヴァンテージAMR」生産開始

2017.06.15 自動車ニュース
「アストンマーティンV12ヴァンテージAMR」(写真左)と「同V8ヴァンテージAMR」(右)
「アストンマーティンV12ヴァンテージAMR」(写真左)と「同V8ヴァンテージAMR」(右)

英アストンマーティンは2017年6月13日、限定モデル「アストンマーティンV8ヴァンテージAMR/V12ヴァンテージAMR」の生産を開始したと発表した。

「V12ヴァンテージAMR」は、100台限定で生産される。
「V12ヴァンテージAMR」は、100台限定で生産される。
パッケージオプション「Halo Pack」を選択した「V8ヴァンテージAMR」のリアビュー。
パッケージオプション「Halo Pack」を選択した「V8ヴァンテージAMR」のリアビュー。
「V8ヴァンテージAMR」の「5スポーク19インチグロスブラックホイール」。タイヤは、ブリヂストンの「ポテンザRE050」が組み合わされる。
「V8ヴァンテージAMR」の「5スポーク19インチグロスブラックホイール」。タイヤは、ブリヂストンの「ポテンザRE050」が組み合わされる。
「V12ヴァンテージAMR」のインテリア。写真は「Halo Pack」選択車のもの。
「V12ヴァンテージAMR」のインテリア。写真は「Halo Pack」選択車のもの。
「アストンマーティンV12ヴァンテージAMR」
「アストンマーティンV12ヴァンテージAMR」
ユニオンジャック・エナメル加工の「AMLウイングエンブレム」。「Halo Pack」選択車は無償で装着可能。
ユニオンジャック・エナメル加工の「AMLウイングエンブレム」。「Halo Pack」選択車は無償で装着可能。

高性能かつ超個性的なヴァンテージ

V8ヴァンテージAMRとV12ヴァンテージAMRは、それぞれ「アストンマーティンV8ヴァンテージ」および「同V12ヴァンテージ」をベースに開発されたスペシャルモデル。最高出力436ps/7300rpm、最大トルク490Nm/5000rpmの4.8リッターV8エンジンを搭載する前者は世界限定200台で、588ps/7000rpmと630Nm/5500rpmを発生する6リッターV12モデルの後者は同100台で販売される(エンジンのスペックは日本仕様車の値)。

トランスミッションは、シフトパドル付きのATのほか、V8モデルでは6段MTが、V12モデルでは7段MTが選択可能。走行性能については、V8モデルの0-100km/h加速タイムが4.8秒で最高速度が305km/h。V12モデルは3.7秒および330km/hと公表される。

両モデルとも、ボディーのタイプはクーペのほかにオープンの「ロードスター」が選べる。4種類の特徴的なボディーカラー(ストレータスホワイトにオレンジのアクセント/ウルトラマリンブラックにブルーのアクセント/ザフレブルーにレッドのアクセント/シンティラシルバーにグレーのアクセント)が用意されており、オプション「Halo Pack」として、2016年の世界耐久選手権でタイトルを獲得した「ヴァンテージGTE」を模したカラーリング(スターリンググリーンにライムグリーンのアクセント)も選べる。カーボン製のフロントグリルやサイドストレーキ、ヘッドランプインフィル、ドアミラーキャップなどのオプションも選択可能だ。

一方のインテリアは、クーペがレザーとアルカンターラの仕立てで、ロードスターはオールレザー仕様となる。インテリアのカラーはそれぞれのエクステリアカラーにあわせて異なっており、Halo Packでは、インテリアにもライムグリーンの縁取りが施される。またオプションとして、軽量なカーボンファイバー製シートも用意される。

このほか、走行性能を高めるAMRアクセサリーラインナップとして、カーボンファイバー製エアロダイナミクスパッケージ「AMRエアロキット」(クーペモデル専用)や、鍛造アルミニウムの「AMRヴァンテージホイール」、14kgの軽量化と刺激的なエキゾーストノートをもたらす「AMRチタニウムエキゾースト」なども用意される。

ヴァンテージAMRのスタート価格は、英国では9万7995ポンド(約1370万円)、ドイツの場合で12万6995ユーロ(約1550万円)。デリバリーの開始時期は、2017年の第4四半期が予定されている。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • アストンマーティン、2017年モデルの概要を発表 2016.5.31 自動車ニュース アストンマーティンが日本で販売する各ラインナップの2017年モデルを発表した。ラインナップにおける大きな変更としては、「V8ヴァンテージ」シリーズの車種を高性能版の「V8ヴァンテージS」に統合。「DB11」の登場に伴い、「DB9」の車種も整理されている。
  • アストンマーティンの新型スポーツカー、欧州でスパイショット公開 2017.8.3 自動車ニュース 欧州で、アストンマーティンのスポーツカー「ヴァンテージ」の後継モデルとされる新型車のスパイショットが公開された。「ヴァンテージ」の後継モデルは2017年の暮れに発表される予定で、AMG製のエンジンが搭載される可能性がある。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
ホームへ戻る