アウディが「R8スパイダーV10プラス」を発表

2017.06.15 自動車ニュース
「アウディR8スパイダーV10プラス」
「アウディR8スパイダーV10プラス」拡大

独アウディは2017年6月14日、オープントップモデル「R8スパイダー」の高性能モデル「R8スパイダーV10プラス」を発表した。

 
アウディが「R8スパイダーV10プラス」を発表の画像拡大
 
アウディが「R8スパイダーV10プラス」を発表の画像拡大

アウディにとって最速の量産オープンモデルとなるR8スパイダーV10プラスは、標準モデルより70psと20Nm強力な610psと560Nm(57.1kgm)を発生する5.2リッターV10自然吸気エンジンをミドシップに搭載する。7段Sトロニック(デュアルクラッチ式AT)とクワトロ4WDシステムを備え、動力性能は、0-100km/h加速が3.3秒、最高速は328km/hと発表されている。

装備面では、バケットシートやセラミックブレーキシステム、カーボン製の固定式リアスポイラーが標準で備わる(ドイツ仕様の場合)。

本国ドイツではすでに受注が開始されており、2017年の夏の終わりにデリバリーが開始される予定。現地価格は20万7500ユーロ(約2532万円、1ユーロ=122円で換算)。

(webCG)

関連キーワード:
R8スパイダーアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.8.23 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」に試乗。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンはどんな走りを見せるのか。先代との比較を交えつつ、その印象を報告する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • MINIクーパー 3ドア(FF/7AT)【試乗記】 2018.6.22 試乗記 マイナーチェンジを受けたMINIに試乗。お化粧直しもさることながら、今回の改良の“キモ”となるのはガソリンエンジンを搭載する主要モデルへの、デュアルクラッチ式トランスミッションの採用。新たなアイテムを得てMINIのキャラクターはどう変化した?
  • アウディA5カブリオレ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2018.6.11 試乗記 日本ではマイナーな存在だが、欧米のブランドでは長年にわたり大切にされてきた“4シーターオープン”というカテゴリー。「アウディA5カブリオレ」の試乗を通し、スポーツカーとは一線を画すその趣に触れた。
  • アストンマーティンDB11 AMRシグネチャーエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.6.12 試乗記 12気筒エンジンを搭載する「アストンマーティンDB11」をベースに開発された、高性能モデル「DB11 AMR」に試乗。足まわりやパワートレインのチューニングは大掛かりではないものの、その走りは、オリジナルとは大きく異なるものだった。
ホームへ戻る