スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施

2017.06.15 自動車ニュース
「スズキSX4 Sクロス」。ボディーカラーは新色の「エナジェティックレッドパール」。
「スズキSX4 Sクロス」。ボディーカラーは新色の「エナジェティックレッドパール」。

スズキは、クロスオーバー「SX4 Sクロス」を一部仕様変更し、2017年7月6日に発売する。

こちらも新色の「スフィアブルーパール」をまとった「SX4 Sクロス」。
こちらも新色の「スフィアブルーパール」をまとった「SX4 Sクロス」。
 
スズキ、「SX4 Sクロス」に一部仕様変更を実施の画像

今回の仕様変更の主な内容は、新しいフロントデザインの採用と内装の質感向上、6段ATの採用など。なお、SX4 Sクロスは、スズキのハンガリーの子会社であるマジャールスズキで生産し、日本では輸入車として販売する。

エクステリアについては、ヘッドランプ、フロントバンパー、フロントグリル、ボンネットフードのデザインを変更。また、新デザインの17インチホイールを装備したほか、最低地上高を20mm高い185mmとした。さらにヘッドランプとリアコンビランプにはLEDを採用した。

インテリアでは、エアコンルーバーガーニッシュにサテンメッキ加飾を、インパネセンターガーニッシュにピアノブラック塗装を施し、質感の向上を図った。

トランスミッションは従来のCVTに代えて、新たに6段ATを搭載。よりダイレクト感のある走りを実現したという。

ボディーカラーは新色の「スフィアブルーパール」と「エナジェティックレッドパール」など、全4色の設定となる。

価格はFF車が206万2800円、4WD車が227万8800円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.5.18 試乗記 スズキのコンパクトクロスオーバー「SX4」がフルモデルチェンジ。名前も新たに「SX4 Sクロス」となった新型の試乗を通し、今日におけるスズキの“登録車”の実力を探った。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る