Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

掃除すら至福のひとときに 2017.06.23 CAR LIFE with Dyson <PR> 「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。

芝生のキャンプ場にはご注意

35歳を過ぎたあたりから、急に自然が恋しくなり、ベランダでバラを育てたり、ハーブ類を育てたりするようになった。そのうちに何となくキャンプにも行くようになってからというもの春先から晩秋までは、月に一度は山や森で家族と過ごすようになってしまった。昼下がりにはお気に入りのチェアでうとうとし、夜は焚(た)き火の炎を見ながらコーヒーを飲むのが至福のひとときで、キャンパーならおそらく王道といったところであろう。少年の頃にはなぜ親は休みのたびに山に連れて行こうとするのか疑問に思ったものだが、いまや自分がそうなってしまったのだ。

人は他人にとってどうでもよいこだわりをいくつかは持っていると思うが、ご多分に漏れず私にもある。そのなかのひとつに「キャンプ場は芝に限る」というのもある。実のところを言うとこれは上司の受け売りなのだが、このこだわりに従うことで、寝やすくなったり、汚れにくくなったりと、快適になることが増えた。

だが、このこだわりにはちょっとした落とし穴がある。キャンパーだというのに、トランクにディーラーオプションにある、プラスチックでできたトレー状の防汚のための敷物を使わず、もふもふとしたフェルトのようなトランクルームに何もかもじか置きするものだから、もふもふに芝がたくさんくっつくのである。

さらに焚き火&コーヒータイムを味わうためにも必要になる犠牲がある。薪(まき)の積載である。薪は現地で購入することが多いのだが、キャンプ場に到着したのち、いったん家族5人分の荷物を下ろし、それからせっせと薪を買いに行く。そして薪をトランクに乗せるとどうだろう。これも木の皮がもふもふにたくさんくっつくのである。

それからせっせとテント、タープ、テーブルなどを設営、セッティングしていく。当然ながらテントなどは袋に入っているのでそれらはどこかにしまっておく必要があり、トランクに押し込む。予備のペグなどもそのままトランクにポンと置いておく。そうすると、芝はもとより、ペグの土なども乗ってしまう。

さらには後部座席に乗る子供たちが食べこぼして汚したりする。子供の食べこぼしについてはwebCG SAGのDysonリポートに詳しいので割愛するが、早朝出発をしたりするためにどうしても車内で軽い朝食としてパンなどを食べざるを得ないからだ。

→Dyson 公式サイトへ
→価格.comで製品情報を見る

この日は富士山の麓で2泊3日のキャンプ。晴天に恵まれてすがすがしい気持ちでのんびりする。(著者撮影)
この日は富士山の麓で2泊3日のキャンプ。晴天に恵まれてすがすがしい気持ちでのんびりする。(著者撮影)
トランクには予備のキャンプ道具などをそのままポンと置いてしまう。(著者撮影)
トランクには予備のキャンプ道具などをそのままポンと置いてしまう。(著者撮影)
キャンプ場で道具を置いた時点から、土、芝、葉っぱなどが乗ってくる。(著者撮影)
キャンプ場で道具を置いた時点から、土、芝、葉っぱなどが乗ってくる。(著者撮影)
キャンプで焚き火は必須。ダッチオーブンひとつでなんでもおいしく仕上がるのが楽しい。(著者撮影)
キャンプで焚き火は必須。ダッチオーブンひとつでなんでもおいしく仕上がるのが楽しい。(著者撮影)
あなたにおすすめの記事
新着記事