第149回:ケイジ&デフォーの共食いクライムサスペンス
『ドッグ・イート・ドッグ』

2017.06.16 読んでますカー、観てますカー

犯罪が似合わない「ジャガーXJ」

今年2月にクアラルンプールで金正男氏が殺害された事件は、奇妙なディテールに彩られている。白昼堂々と猛毒のVXが使われたのも驚きだったし、実行犯がインドネシアとベトナムの女性だったのも意表を突いた。彼女たちはテレビ番組のイタズラだと聞かされていたと主張していて、指示を出したとされる人物はさっさと北朝鮮に帰国してしまった。正男氏がアメリカ情報機関のエージェントだったとか、彼の息子を首班とする亡命政府を樹立する動きがあるなどの説まで語られている。

なんともドラマチックな展開で、そのうちこの事件を題材にした映画が作られるに違いない。ただ、クルマ好きにとって一番の関心の的は、マレーシアの北朝鮮大使カン・チョル氏だった。事件後に事件との関わりを全面否定して遺体の引き渡しを求める会見を行った際に、彼が乗ってきた公用車が思いがけないモデルだったからだ。ポールに小さな北朝鮮国旗を掲げていたのは、黒いボディーカラーの「ジャガーXJ」である。「X350系」と呼ばれる先代モデルだ。

ドイツのプレミアムセダンなら、性能と居住性、ブランドで選んだのだろうと推測できる。しかし、ジャガーXJ、しかも先代モデルということになると、趣味性が高いイメージだ。北朝鮮との組み合わせがしっくりこない。もしかすると、カン・チョル氏の個人的好みなのだろうか。

現行型のXJはかなり趣の異なるデザインになったが、先代まではロングノーズ・ロングデッキ、丸目4灯というアイデンティティーを守り続けた。スペース効率や居住性だけが高級車の価値ではない。XJのクラシカルで上品なイメージが愛された。だから、映画においてもXJに乗るのは紳士と相場が決まっていた。キリッとしたスーツに身を包み、所作はゆったりとして落ち着いている。しかし、『ドッグ・イート・ドッグ』は違っていた。事もあろうに、XJを使って犯罪行為に及ぶのだ。

c2015 BLUE BUDGIE DED PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
c2015 BLUE BUDGIE DED PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.
 
第149回:ケイジ&デフォーの共食いクライムサスペンス『ドッグ・イート・ドッグ』の画像
「ジャガーXJ」
1968年に登場した高級サルーン。初代モデルは改良を繰り返して1986年まで生産された。映画に登場するのは2代目が1994年に大幅なマイナーチェンジを受けた後のモデル。
「ジャガーXJ」
	1968年に登場した高級サルーン。初代モデルは改良を繰り返して1986年まで生産された。映画に登場するのは2代目が1994年に大幅なマイナーチェンジを受けた後のモデル。
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事