第46回:328のタイベルはアルゼンチン製!

2017.06.20 カーマニア人間国宝への道

“赤い玉号”の検診に潜入

真っ赤な「フェラーリ328GTS」を買い、ココロからの幸福感に満たされている清水草一です。最初の真っ赤な「348tb」の時だけは、フェラーリなんちゅうとんでもないお買い物をしてしまった重荷でペッチャンコになりそうでしたが、2台目からはココロからの幸福感に満たされてます。なので皆さま、フェラーリは生涯2台以上お買いになるのがオススメですよウフフ~!

私は4台目の「F355スパイダー」以来、自分のフェラーリ様に愛称をつけているのですが、今回は55歳で買った真っ赤なフェラーリということで、“赤い玉号”と名付けました。もう今回で打ち止め、コロンと出た赤い玉です。我ながら素晴らしい命名だ……。

ところでその赤い玉号ですが、納車前にタイミングベルト交換をやってくださるということで、その様子を見学に行きました。交換工賃も980万円にコミコミでした。ありがとうエノテン!

フェラーリのタイミングベルト交換は、庶民系フェラーリオーナーにとってひとつの大きな恐怖だ。「348」から「360」までのV8フェラーリや「テスタロッサ」、「512TR」など、タイミングベルトを使っている縦置きミドシップフェラーリは、エンジンを下ろして交換せねばならず、エンジンを下ろすとせっかくなのでその他のベルト類すべて&消耗部品も全とっかえ気味となり、30~40万円ほどかかる。

筆者が新たに購入した「フェラーリ328GTS」の愛称は“赤い玉号”に決定。
筆者が新たに購入した「フェラーリ328GTS」の愛称は“赤い玉号”に決定。
納車前に、“赤い玉号”のタイミングベルト交換中。
納車前に、“赤い玉号”のタイミングベルト交換中。
フェラーリエンジンは整備中も美しい。
フェラーリエンジンは整備中も美しい。
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算46台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事