第423回:運転支援システムのパイオニアがさらに進化
スバルの新しいアイサイトを試す

2017.06.19 エディターから一言
日本自動車研究所のテストコースを走る「スバル・レヴォーグ」の改良モデル。
日本自動車研究所のテストコースを走る「スバル・レヴォーグ」の改良モデル。

ステレオカメラを使ったスバルの運転支援システム「アイサイト」が、さらなる進化を遂げた。新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」とはどのようなものか? 「レヴォーグ」「WRX S4」に搭載される予定の新システムを、クローズドコースで試す。

「アイサイト」はステレオカメラをセンサーに用いたスバル独自の運転支援システム。現在のものは第3世代にあたる。
「アイサイト」はステレオカメラをセンサーに用いたスバル独自の運転支援システム。現在のものは第3世代にあたる。
今回取材した改良型「アイサイト」は、2017年夏に発売される「レヴォーグ」「WRX S4」の改良モデルから順次投入される。
今回取材した改良型「アイサイト」は、2017年夏に発売される「レヴォーグ」「WRX S4」の改良モデルから順次投入される。
今回の改良における最大のトピックは、全車速域に対応した操舵支援機能つきACC「アイサイト・ツーリングアシスト」の採用である。
今回の改良における最大のトピックは、全車速域に対応した操舵支援機能つきACC「アイサイト・ツーリングアシスト」の採用である。

日本における運転支援システムの代名詞

ここ数年で急速に普及した、自動緊急ブレーキや先行車追従機能付きコントロール(ACC)などの運転支援システム。JNCAPの評価にも影響するためか、日本では今や軽自動車でさえ「設定があって当たり前」のジョーシキ装備となっている。

そのパイオニアといえばスバルのアイサイトである。各社からさまざまな製品がリリースされた今でも、それらの代名詞的存在として認められているのは間違いないだろう。ウソだとおっしゃるなら、よそのメーカーにおける運転支援システムの呼称をそらんじてみてください。「スバルはアイサイトだったけど、他はどうだったかな~」という人、けっこう多いと思いますヨ。

さてさて。そんなスバル・アイサイトに、このほどさらなる改良が加えられたという。キモはアイサイト・ツーリングアシストと呼ばれる操舵支援機能つきACCの採用で、取材会では市場投入前のシステムをクローズドコースで試せるとのこと。仕事とはいえハイテク萌(も)えにとってはむしろご褒美な内容である。多分にもれずそのケがある記者は、“午前7時受け付け開始”という無慈悲なスケジュールもなんのその、朝の常磐道をぶっ飛ばして会場となった日本自動車研究所のテストコースへと赴いた。

あなたにおすすめの記事
新着記事