「ジャガーXF」にワゴンボディーの「スポーツブレイク」登場

2017.06.19 自動車ニュース
新型「ジャガーXFスポーツブレイク」
新型「ジャガーXFスポーツブレイク」

英ジャガー・ランドローバーは2017年6月14日(現地時間)、新型「ジャガーXFスポーツブレイク」をロンドンで世界初公開した。

 
「ジャガーXF」にワゴンボディーの「スポーツブレイク」登場の画像
 
「ジャガーXF」にワゴンボディーの「スポーツブレイク」登場の画像
 
「ジャガーXF」にワゴンボディーの「スポーツブレイク」登場の画像
新型「ジャガーXFスポーツブレイク」と、同車の発表会に参加したプロテニスプレイヤーのアンディ・マレー選手(左)。
新型「ジャガーXFスポーツブレイク」と、同車の発表会に参加したプロテニスプレイヤーのアンディ・マレー選手(左)。

XFスポーツブレイクは、2007年に登場したジャガーのDセグメントモデル「XF」をベースとしたステーションワゴンである。

2代目となる今回の新型は、5人乗車時で565リッター、後席をたたんだ状態で1700リッターという大きな荷室容量と、空力的に不利なワゴンボディーでありながらCd値0.29という優れた空力性能を両立している。

パワープラントは「インジニウム」と呼ばれる最新世代の2リッター直4ガソリンおよびディーゼルエンジンに加え、最高出力380psのスーパーチャージャー付き3リッターV6ガソリンエンジンや、300psを発生する3リッターV6ディーゼルエンジンもラインナップ。3リッターV6ガソリンエンジン搭載車では、0-100km/h加速が5.5秒、最高速が250km/hという動力性能を実現している。

トランスミッションはいずれも8段ATで(本国仕様の廉価モデルのみ6段MTもラインナップ)、駆動方式にはFRに加え、一部の上級モデルには4WDも設定。4WD車には滑りやすい路面状況での走りをサポートする「オール・サーフェイス・プログレス・コントロール(ASPC)」も搭載されている。

装備も充実しており、縦長の超大型パノラミックルーフや、ブラインドやトランクの開閉などを操作可能なジェスチャーコントロール、イオン空気清浄機能、腕時計のように身に着けられるリストバンド型アクティビティキーを設定。ドライバーの疲労を検知するドライバー・コンディション・モニターなども用意されている。

生産を担うのは英バーミンガムのキャッスル・ブロムウィッチ工場。日本への導入時期や、価格、ラインナップなどは未定となっている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • 第3回:「前」と「後ろ」で違った魅力
    「ジャガーXF」の乗り心地をチェック
    2016.7.20 ジャガーXF長期試乗リポート スタイリッシュなデザインやアルミを多用した軽量ボディーで話題の4ドアサルーン「ジャガーXF」は、どんな乗り心地なのだろうか? 初めてステアリングを握ったwebCGスタッフが、その印象を報告する。
ホームへ戻る