スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場

2017.06.20 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツSLC180スポーツ レッドアートエディション」
「メルセデス・ベンツSLC180スポーツ レッドアートエディション」拡大

メルセデス・ベンツ日本は2017年6月19日、オープン2シーター「メルセデス・ベンツSLC」の特別仕様車「SLC180スポーツ RedArt Edition(レッドアートエディション)」を発表。同年8月31日までの期間限定で注文受け付けを開始した。

 
スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場の画像拡大
 
スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場の画像拡大
 
スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場の画像拡大
 
スポーティーさが際立つ「メルセデスSLC180」の特別仕様車登場の画像拡大

今回のSLC180スポーツ レッドアートエディションは、1.6リッター直4ターボエンジン搭載の「SLC180スポーツ」をベースに、装備を充実させた特別仕様車。

エクステリアは、フロントスポイラーリップ、サイドエアアウトレットフィン、リアディフューザートリム、レッドアクセント付きのフロントブレーキキャリパーなどでドレスアップ。

インテリアについても、ステアリングホイールやインテリアトリム、ダイレクトセレクトレバーなどにカーボンデザインを採用し、シートにはパイピングを施した上でレッドラインを組み合わせるなど、スポーティーさや特別感が演出されている。ベースモデルでは設定のないナッパレザーのシート地や、SLC180では初となる、乗員の首のまわりを暖める「エアスカーフ」も同車ならではの装備だ。

SLC180スポーツ レッドアートエディションの特別装備は以下の通り。

  • レッドアクセントパーツ(フロントスポイラーリップ、 サイドエアアウトレットフィン、リアディフューザートリム)
  • レッドアートエディション専用18インチAMGマルチスポークアルミホイール
  • “SLC REDART EDITION”サイドエンブレム
  • レッドペイントブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスク(ともにフロント)
  • ナッパレザーシート(レッドパイピング付き)
  • “SLC REDART EDITION”ステッチ入りヘッドレスト(カーボンパターンエンボス入りレザー)
  • カーボンデザインアルミニウムインテリアトリム
  • ナッパレザーのステアリングホイール(カーボンパターンエンボス入り)
  • エアスカーフ
  • ダイレクトセレクトレバー(カーボンパターンエンボス入りレザー)

価格はベースモデルより26万円高の616万円。ボディーカラーは、オブシディアンブラックとダイヤモンドホワイトが選べる。

(webCG)

関連キーワード:
SLCメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • ニューヨークショー2018(メルセデス・ベンツ) 2018.4.12 画像・写真 メルセデス・ベンツはニューヨークショー2018の会場にて、改良された新型「Cクラスカブリオレ」を発表。同時に「Sクラスクーペ」やメルセデスAMGの「C63」「G63」そして「GT」の4ドアクーペなどを展示した。各車両を写真で紹介する。
  • 【ジュネーブショー2018】メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を世界初公開 2018.3.8 自動車ニュース メルセデスAMGがジュネーブショーで「AMG GT 4ドアクーペ」を発表。2ドアクーペの「AMG GT」と同じく、メルセデス・ベンツのラインナップにはないメルセデスAMGの独自モデルであり、直6、V8合わせ3種類のグレードが用意されている。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ホンダ・クラリティPHEV(FF/CVT)【試乗記】 2018.7.21 試乗記 2030年には世界で販売する四輪車の3分の2を電動化するというホンダ。そのプロジェクトの先駆けとして日本の道を走りだすプラグインハイブリッド車「クラリティPHEV」に、クローズドコースで試乗した。
ホームへ戻る