アウディが「RS 3スポーツバック」を大幅改良

2017.06.21 自動車ニュース
「アウディRS 3スポーツバック」
「アウディRS 3スポーツバック」

アウディ ジャパンは2017年6月21日、大幅改良を受けた高性能ハッチバックモデル「RS 3スポーツバック」の注文受け付けを開始した。納車開始は同年11月が予定されている。

 
アウディが「RS 3スポーツバック」を大幅改良の画像

RS 3スポーツバックは、アウディの高性能スポーツモデルを手がけるアウディ スポーツ社が開発した、「A3スポーツバック」のハイパフォーマンスモデルである。現行モデルは2015年にデビューした2代目にあたり、今回が初の大幅改良となる。

改良の内容は、2017年3月に発表された「RS 3セダン」のそれに準じたもので、2.5リッター直5ターボエンジンについては最高出力を400psに、最大トルクを480Nmに向上。アルミ合金製のクランクケースの採用により、26kgの軽量化も実現している。また、ホイールセレクティブトルクコントロールなどの電子機構によりコーナリング性能も改善。動力性能については、0-100km/h加速が4.1秒とアナウンスされている。

デザインについても手を加えており、特に外観ではフロントまわりを大幅に変更。ハニカムグリルの下部に左右のエアインレットを結ぶブレードを配した、新しい意匠を採用した。

充実した装備も同車の特徴で、ナッパレザーのスポーツシートやバング&オルフセンのサウンドシステム、デジタルメーターの「バーチャルコックピット」、「マトリクスLEDヘッドライト」、そして「アウディプレセンス」をはじめとした運転支援システムなどが標準で採用されている。

価格は767万円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディRS 3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2015.12.21 試乗記 0-100km/h加速は4.3秒。アウディ伝統のテクノロジーを受け継ぐ、直列5気筒ターボエンジン搭載。クワトロ社が手がけたスペシャルモデル、「RS 3スポーツバック」を箱根のワインディングロードで試した。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る