ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)

魅せるミドシップオープン 2017.06.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、おとなの魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。

S660の世界観をより強く感じさせる

月の光とラブソングはけっして時代遅れにならない。映画『5つの銅貨』で知られたダニー・ケイの「ララバイ・イン・ラグタイム」の有名な一節だ。ぼくはこれにオープンスポーツカーをつけ加えたい。

本田技研工業が2015年に発売したホンダS660はとくにそう思わせる一台だ。64ps(47kW)の0.66リッター3気筒エンジンをミドシップした2人乗り。

安全性などを考慮して乗員の背後にロールオーバーバーを残しつつ、ソフトトップの採用でほとんどオープンカー感覚だ。

スタイリングもさえている。エッジの効いたキャラクターラインを採用することで、古典的なミドシップの美しいプロポーションを崩さず、うまく現代性を表現している。

最大の特徴はスポーツカーであること。ゆえにレザーシートもファブリックシートも用意されるけれど、カラーはブラック。ホワイトのステッチなどで雰囲気はあるけれど、走りを楽しむためのクルマという印象が強い。

そこにあって、2017年6月2日から「α」グレードに追加設定して限定販売されている「Bruno Leather Edition(ブルーノレザーエディション)」 はもうひとつの魅力的な側面を見せてくれる、好感が持てる仕様だ。

ひとことでいって、他人の目も意識した仕様。外観上も専用ボディーカラーをはじめ、専用ブラックホイールや専用のブラックドアミラーなどを装備するが、最も際立つのはジャズブラウンと呼ばれるレザーを使ったしゃれたシートだ。

イタリア製の高級ソファを思わせるぱんっと張りのあるシートを半光沢のブラウン系レザーが包む。中央は滑りにくいアルカンターラというコンビネーション。

加えてステアリングホイールとダッシュボードの前面にもジャズブラウンのレザーが張られている。ブラックとブラウンとそれにアルミニウムのような金属の質感がアクセントだ。

オープンにして走ったときの演出効果は抜群である。なによりいいのは、S660の世界観を強く感じられる点だ。

S660の世界とはなにか。それがこのクルマの本質と関係しているのだ。

→ホンダS660公式サイトはこちら

「S660 αブルーノレザーエディション」は、2017年6月2日から同年11月30日までの期間限定で注文を受け付けている。車両価格はベースモデルの「S660 α」からわずか10万円アップの228万円。
「S660 αブルーノレザーエディション」は、2017年6月2日から同年11月30日までの期間限定で注文を受け付けている。車両価格はベースモデルの「S660 α」からわずか10万円アップの228万円。
エッジの効いたキャラクターラインが、古典的なミドシップスポーツカーのプロポーションと、現代性を備えたデザインを高いレベルで両立させている。
エッジの効いたキャラクターラインが、古典的なミドシップスポーツカーのプロポーションと、現代性を備えたデザインを高いレベルで両立させている。
ダッシュボードの前面やステアリングホイール、そしてシートには上質なジャズブラウンのレザーを使用。ベースモデルに比べてぐっとラグジュアリーな印象がもたらされる。
ダッシュボードの前面やステアリングホイール、そしてシートには上質なジャズブラウンのレザーを使用。ベースモデルに比べてぐっとラグジュアリーな印象がもたらされる。
「S660 αブルーノレザーエディション」のスポーツレザーシートは、まるでイタリア製の高級ソファを思わせる仕上がり。ヘッドレストやサイドサポートには半光沢のレザーが、中央のグレーの部分には滑りにくいアルカンターラが用いられている。
「S660 αブルーノレザーエディション」のスポーツレザーシートは、まるでイタリア製の高級ソファを思わせる仕上がり。ヘッドレストやサイドサポートには半光沢のレザーが、中央のグレーの部分には滑りにくいアルカンターラが用いられている。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • 「ホンダS660 αブルーノレザーエディション」フォトギャラリー 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」に、特別なボディーカラーやインテリアなど“大人の魅力”を加えた特別仕様車「ブルーノレザーエディション」が登場。ジャズブラウンのレザーで飾られたインテリアや、スポーツドライビングを可能にする各種装備、さらに、風を求めて都心から鎌倉の海を目指したドライブの様子を写真で紹介する。
  • ホンダS660 β(MR/CVT)【試乗記】 2015.5.11 試乗記 発売されるや自動車ファンからの大喝采を浴びた、ホンダの新型2シータースポーツ「S660」。実際に乗ってみたら、どうだった? CVTのベーシックモデルで、その実力を試した。
  • ホンダS660 α(MR/CVT)/ホンダS660 α(MR/6MT)【試乗記】 2015.4.21 試乗記
  • イメージは“木漏れ日”!? 「ホンダS660」の特別仕様車発売 2017.10.20 自動車ニュース