谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション(後編)

2017.06.22 mobileCG

SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回も引き続き「ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド」に試乗する。乗り心地よし、ハンドリングよし、普段使いなら動力性能だって不満なしと、同車に対する谷口の評価は高い。では“電気じかけのカイエン”はどんなドライバーにオススメか?

 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション(後編)の画像拡大
 
谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド プラチナエディション(後編)の画像拡大

不満らしい不満はなし

「カイエンS E-ハイブリッドって、モーターで走っていてもギアチェンジしますよね。あれは普通のクルマに印象が近くていいですね。ただ単に、動力源がエンジンになったり、モーターになったりするだけで……」

谷口が指摘するとおり、ほとんどのヨーロッパ製プラグインハイブリッド車(PHV)はエンジンとギアボックスの間にモーターがレイアウトされているので、モーターのトルクはギアボックスを介して駆動力に伝えられる。したがって加減速にはギアチェンジが伴うことになるが、エンジンとモーターの間で切り替わるとき、不快なショックを感じることはなかったのだろうか?

「まあ、ないことはないですよね。軽くブルルルンみたいな感じで。それはエンジンがかかるときのことなんですが、言ってみればキックダウンしたときのようなもので、不快ってことはありません。ただ、『あ、本当はモーターでいきたかったのに、エンジンがかかっちゃって残念』と思うだけですね」

こう見えても、谷口はむやみやたらにアクセルを踏み込む男ではない。ひとたび燃費や環境性能を追求すると決めたら、それを徹底的に追求するような側面も持っている。そうやってクルマの運転をゲーム感覚で楽しむのが谷口流なのだ。

では、乗り心地はどうだったのか?
「ものすごくよかった。快適な乗り心地です」
続いて、谷口がハンドリングのリニアリティーを評価するときに使う“物差し”の具合について尋ねてみた。
「全然いいと思います。コーナリングにも何の不満もありませんでした。しかも鈍くさくないです」
ほほー。どうやら谷口が満足できなかったのは動力性能だけで、それ以外については満足してくれたようだ。

「いやいや、動力性能だって問題ないですよ」と谷口。(続く)

(語り=谷口信輝/まとめ=大谷達也<Little Wing>/写真=小林俊樹/編集=竹下元太郎)

この記事は会員限定公開です。モバイル版webCGにてプレミアム会員(有料)に登録すると、続きをお読みいただけます。

【アクセス方法】

◇スマートフォンサイト◇

ブラウザのURL欄に「https://www.webcg.net」と入力するか、左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

【初月無料キャンペーン実施中!】
クレジットカードでの初回登録に限り、ご契約いただいた日からその月の末日まで、無料でご利用いただけます。
»詳しくはこちら

◇ケータイサイト◇

左の「QRコード」を読み取ってください。
または、検索エンジンで「webCG」と検索してもアクセスできます。

関連キーワード:
カイエンポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る