超低燃費の軽、「ダイハツ・ミラ イース」発売

2011.09.20 自動車ニュース
「ダイハツ・ミラ イース」
超低燃費の軽、「ダイハツ・ミラ イース」発売

超低燃費の軽、「ダイハツ・ミラ イース」発売

ダイハツ工業は2011年9月20日、30.0km/リッター(JC08モード)の燃費を実現した新型軽乗用車「ミラ イース」を発売した。

 
超低燃費の軽、「ダイハツ・ミラ イース」発売の画像
 
超低燃費の軽、「ダイハツ・ミラ イース」発売の画像

■これぞ“究極のつつましさ”

2009年の東京モーターショーでコンセプトカー「e:S(イース)」が発表されてから、およそ2年。その市販版たる「ミラ イース」が発売された。ハイブリッドなどの“飛び道具”に頼ることなく30.0km/リッター(JC08モード)走れるという、超低燃費軽乗用車の登場である。

ハイブリッド車や小型車の低価格化が進む昨今、厳しい市場環境に立たされる軽の最新モデルとして「低燃費」と「低価格」、さらに「省資源」を目標に掲げ、軽の原点回帰を目指したという「ミラ イース」。エンジンやプラットフォームなど、基幹部品の多くは「ムーヴ」のものがベースとなるが、車名に関しては、ユーザーの認知度がより高い大先輩「ミラ」の名を借りた。

スタート価格は、(商用車を除き)その「ミラ」と「ムーヴ」のいずれをも下回る79万5000円。FF車は112万円まで4グレードがラインナップし、4WD車は109万円の「Xf」と122万円の「Gf」、2グレードが用意される。

エンジンは、これまでのKF型ユニットがベース。燃費を極めるべく徹底的な改良が施された。
エンジンは、これまでのKF型ユニットがベース。燃費を極めるべく徹底的な改良が施された。
運転席まわりの様子。“燃費にいい運転”をするとブルーからグリーンへ色が変わるメーターや、電力の回生状況を示すモニターなど、エコドライブをサポートするギミックが備わる。
運転席まわりの様子。“燃費にいい運転”をするとブルーからグリーンへ色が変わるメーターや、電力の回生状況を示すモニターなど、エコドライブをサポートするギミックが備わる。

■すべては燃費のために

JC08モードで30.0km/リッター、10・15モードでは32.0km/リッター(ともにFF車)――ハイブリッド車でもない「ダイハツ・ミラ イース」が最高レベルの燃費を達成したポイントには、「パワートレインの高効率化」「車体の軽量化」「エネルギーマネジメントの強化」の3点が挙げられる。

肝となる658cc直3エンジン(52ps、6.1kgm)は、かねてより燃費に定評のある「ムーヴ」のKF型ユニットがベース。圧縮比を10.8から11.3へと高めつつ、インジェクターから噴霧する混合気を微粒子化するなどして燃焼効率をアップ。さらに、タイミングチェーンの張力やピストンなど構成パーツの摩擦抵抗を低減。排気を吸気へと還流するEGRガスを増やしてポンピングロスを減らすなど、“燃費チューン”がとことん追求された。
組み合わされるCVTについても、オイルポンプの効率を高めつつ、エンジンの負荷を減らすようにギアを最適化。徹底的なリファインが図られている。

車両の軽量化も大きい。もともと小兵の軽にあって、骨格をできるだけストレートにしたり、高張力鋼板を効果的な場所に再配置するなどの肉体改造を断行。内装部品のダイエットとも相まって、730kgのライトウェイトボディーを手に入れた。

最後のツメは、エネルギーマネジメントの強化である。多くのクルマで採用されるようになったアイドリングストップ機構は、ブレーキングから車速が7km/hを割った時点でエンジンを早止めしてしまう「eco IDLE」機構を採用。停(と)まる前に止まるエンジンで、“食わない時間”を少しでも稼ぐ。
さらに、電力の受け入れ能力に優れる新型バッテリーも開発。減速エネルギーをより効率的に回生できるようになった。

「シンプルな中にも質感と新鮮さを表現した」という、「ミラ イース」のインテリア。
「シンプルな中にも質感と新鮮さを表現した」という、「ミラ イース」のインテリア。
 
超低燃費の軽、「ダイハツ・ミラ イース」発売の画像

■見た目よりも中身で勝負?

かように中身にこだわる「ミラ イース」だが、見た目の自己主張はやや控えめ。ダイハツ自ら「華美ではなく、多くのひとから愛される……」と形容する、シンプルでかわいらしい(?)エクステリアとなっている。

サイズのほうは、全長×全幅×全高=3395×1475×1500mm。長さと幅は「ミラ」や「ムーヴ」と同じだが、高さは「ミラ」より30mm、「ムーヴ」より135mm低くなる。
2455mmのホイールベースは「ミラ」より35mm短く、「ムーヴ」とは同じ値。これは、後者のプラットフォームをベースとすることによる。

インテリアも、シンプルさが身上であるものの、最新の軽自動車らしく、大人4人がゆったり乗れるだけの室内空間が確保される。各部のドリンクホルダーや買い物袋用のフックなど充実したユーティリティも、最新型軽の面目躍如である。

全車、デュアルエアバッグは標準装備。軽いだけでなく、乗員や歩行者の保護性にも優れるボディーの「ミラ イース」。使える“日常の足”として、月間7000台の販売が見込まれている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る