第48回:これは凄いぞ赤い玉号

2017.07.04 カーマニア人間国宝への道

公道グランプリ気分

「クオオオオオオオ~~~!!」

「328GTS」赤い玉号は、赤い火の玉となって国道246号線を爆走した! ように感じたが、実は速度は周囲のクルマ(トラックや軽など)と同じだった。

がしかしスピード感が違う! 地面に座布団を敷いて体育座りしているような着座位置の低さや、全域で響き渡るフェラーリサウンド、ウルトラ軽い謎のステアリングの相乗効果によって、フツーに走っているだけでも『サーキットの狼』の公道グランプリに出場してるかのようだ!

その脳内公道グランプリ気分を猛烈に高めるのが、レーシングパターンの5段マニュアルトランスミッションである。

ステンレス削り出しのシフトゲートへ、細身だがしっかりしたシフトレバーを勇ましくエンゲージし、「カチッ」という金属音を響かせるだけでもう、高貴なる芸術活動を行っている気分になる。なぜか自分がダ・ヴィンチやミケランジェロとお友達であるかのように感じられる!

このクルマが31年前に生産されたという、その年月の重みが、私の魂をルネッサンスの彼方(かなた)まで飛ばしてくれるのだろーか?

なんだかんだいって、31年前って結構昔じゃん。人間の感じ方なんていーかげんなもんで、31年前も500年前も「昔」には変わらん。昔のクルマ買ってヨカッタ~! 

「クオオオオ~」
「クオオオオ~」
「クオオオオオ~」
「クオオオオオ~」
「クオオオオオオ~」
「クオオオオオオ~」
「クオオオオオオオ~!!」
「クオオオオオオオ~!!」
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • レクサスLS500“エグゼクティブ”(4WD/10AT)/LS500“Fスポーツ”(FR/10AT)【試乗記】 2018.2.9 試乗記 新開発の3.5リッターV6エンジンを搭載した「LS500」を一般道で初試乗。11年ぶりに生まれ変わったレクサスのフラッグシップの出来栄えは? ハイブリッドモデルとの比較とともにリポートする。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
ホームへ戻る