第48回:これは凄いぞ赤い玉号

2017.07.04 カーマニア人間国宝への道

公道グランプリ気分

「クオオオオオオオ~~~!!」

「328GTS」赤い玉号は、赤い火の玉となって国道246号線を爆走した! ように感じたが、実は速度は周囲のクルマ(トラックや軽など)と同じだった。

がしかしスピード感が違う! 地面に座布団を敷いて体育座りしているような着座位置の低さや、全域で響き渡るフェラーリサウンド、ウルトラ軽い謎のステアリングの相乗効果によって、フツーに走っているだけでも『サーキットの狼』の公道グランプリに出場してるかのようだ!

その脳内公道グランプリ気分を猛烈に高めるのが、レーシングパターンの5段マニュアルトランスミッションである。

ステンレス削り出しのシフトゲートへ、細身だがしっかりしたシフトレバーを勇ましくエンゲージし、「カチッ」という金属音を響かせるだけでもう、高貴なる芸術活動を行っている気分になる。なぜか自分がダ・ヴィンチやミケランジェロとお友達であるかのように感じられる!

このクルマが31年前に生産されたという、その年月の重みが、私の魂をルネッサンスの彼方(かなた)まで飛ばしてくれるのだろーか?

なんだかんだいって、31年前って結構昔じゃん。人間の感じ方なんていーかげんなもんで、31年前も500年前も「昔」には変わらん。昔のクルマ買ってヨカッタ~! 

「クオオオオ~」
「クオオオオ~」
「クオオオオオ~」
「クオオオオオ~」
「クオオオオオオ~」
「クオオオオオオ~」
「クオオオオオオオ~!!」
「クオオオオオオオ~!!」
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算46台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第48回:これは凄いぞ赤い玉号 2017.7.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第48回は「これは凄いぞ赤い玉号」。無敵の「フェラーリ458イタリア」を手放し、31年前の「328GTS」を購入した筆者。あえてパフォーマンスを落とすことで得られた新たなヨロコビとは? 
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • マクラーレン570GT(MR/7AT)【試乗記】 2017.7.11 試乗記 マクラーレン・スポーツシリーズの第3弾となる「570GT」のコンセプトは、日常的な使いやすさと快適性の改善にある。その狙い通り、570GTは毎日乗りたくなるスーパーカーに仕上がっていたのだろうか。それとも……? 雨の箱根で試乗した。
  • ポルシェ911 GT2 RS/911ターボSエクスクルーシブシリーズ 2017.7.3 画像・写真 独ポルシェはイギリスで開催されたモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」(開催期間:2017年6月30日~7月2日)で「911 GT2 RS」を発表した。その姿を画像で紹介する。
  • 谷口信輝の新車試乗――日産GT-Rプレミアムエディション(前編) 2017.6.29 mobileCG SUPER GTで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「日産GT-R」に試乗する。デビューから10年を経たR35型GT-Rは、どこまで熟成されたのか。かつてR35を所有していた谷口が、オーナー目線で語る!
ホームへ戻る