ミシュラン、新スタッドレスタイヤ「X-ICE3+」を発売

2017.06.26 自動車ニュース
「ミシュランX-ICE3+」と日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ代表取締役社長。
「ミシュランX-ICE3+」と日本ミシュランタイヤのポール・ペリニオ代表取締役社長。

日本ミシュランタイヤは2017年6月26日、スタッドレスタイヤの新製品「ミシュランX-ICE3+(エックスアイス スリープラス)」を発表した。ラインナップは15~18インチの全15サイズで、同年8月1日から順次販売を開始する。価格はオープン。

「ミシュランX-ICE3+」のラインナップは15~18インチの全15サイズ。価格はオープン。
「ミシュランX-ICE3+」のラインナップは15~18インチの全15サイズ。価格はオープン。
トレッドパターンは従来製品「X-ICE3」のものを踏襲。「バリアブルアングルサイプ」などの技術を継承している。
トレッドパターンは従来製品「X-ICE3」のものを踏襲。「バリアブルアングルサイプ」などの技術を継承している。
「表面再生ゴム」のイメージ。
「表面再生ゴム」のイメージ。
「表面再生ゴム」の顕微鏡画像。
「表面再生ゴム」の顕微鏡画像。
「Mチップ」のX線画像。
「Mチップ」のX線画像。

新品時だけでなく摩耗時の氷上性能も改善

ミシュランX-ICE3+は、従来製品「X-ICE3(エックスアイス スリー)」の総合性能を維持しながら氷上性能を向上させた新製品。今回新たに採用されたコンパウンド「表面再生ゴム」の中には「Mチップ」と呼ばれる物質が詰まっており、タイヤの摩耗が進むとこのMチップが溶け出して、タイヤの表面に無数の穴が出現する。この穴が氷の表面にある水分を除去し、氷への密着を促す仕組みだ。

タイヤの摩耗が進んでも、常に表面の穴が再生されるため、アイスブレーキ性能が長期にわたって続くのが特徴。X-ICE3と比較して、アイスブレーキング性能は新品時で4.5%、摩耗時で11.5%改善されているという。

そのほか、効果的な除水や強力なグリップなどを実現する「トリプル・エフェクト・ブロック」や、広い接地面を確保しながら接地面圧を路面に均等にかける「マックスタッチ」、サイプの向きを縦・横・斜めと変化させて多方向にエッジ効果を発揮する「バリアブルアングルサイプ」などの従来技術も継承し、高い総合性能を実現した。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事