第508回:1年で利用者が倍増!
イタリアでカーシェアリングがブレイク中

2017.06.30 マッキナ あらモーダ!

登録ドライバーは1年で倍増

最近イタリアの大きな街で目立つものといえば、カーシェアリングのクルマである。

都市ごとにローカルな業者もあるが、大手はふたつである。ひとつは、ダイムラーが主導し、世界各地で展開する「CAR2GO(カートゥーゴー)」だ。ホワイトとブルーに塗られた「スマート・フォーツー」および「同フォーフォー」を使用している。

もうひとつは長年Agip(アジップ)ブランドで知られてきたEni(エニ)社のグループ企業が運営する「エンジョイ」だ。こちらは2013年のサービス開始で、赤いボディーカラーの「フィアット500」および「同500L」を主に使っている。

2015年にイタリア環境省などが発表したところによると、この国でのカーシェアリングサービスの加入者は50万人を数えた。これは成人の100人に1人が加入している計算だ。同時に、過去5年間でおよそ10倍になったという。

2017年6月6日には、日本の経団連に相当するイタリア産業連盟の一組織である「レンタカーおよび自動車サービス産業会(ANIASA)」が、2016年にカーシェアリング加入者が108万人を突破したことを発表した。1年で倍以上になったということである。

ANIASAは、カーシェアリングの平均的利用者像も公開している。それによると、平均年齢は38歳。在住エリアは46%が都市部、27%が都市周辺部だ。使用頻度は多くのユーザーが週1回で、仕事の場合平日の9時から12時の間、週末の利用は16時から19時の間が最も多いという。

新型「スマート・フォーツー」を用いるカーシェアリング業者「CAR2GO」。本来なら有料である青線が引かれた路上駐車エリアも、CAR2GOなら無料である。トリノで。
新型「スマート・フォーツー」を用いるカーシェアリング業者「CAR2GO」。本来なら有料である青線が引かれた路上駐車エリアも、CAR2GOなら無料である。トリノで。
同じくトリノで。イタリアにおいて「CAR2GO」と並ぶカーシェア大手「エンジョイ」。赤い「フィアット500/500L」を使用している。トリノ・ポルタヌォーヴァ駅前で。
同じくトリノで。イタリアにおいて「CAR2GO」と並ぶカーシェア大手「エンジョイ」。赤い「フィアット500/500L」を使用している。トリノ・ポルタヌォーヴァ駅前で。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事